1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

ルーツは武田信玄の陣中食!?山梨のご当地グルメ『ほうとう』

『ほうとう』は平らな麺を野菜と一緒に味噌で煮込んだ山梨県のご当地グルメ。その起源は武田信玄の陣中食という説が有力なんだそうです。

更新日: 2016年06月04日

84 お気に入り 31526 view
お気に入り追加

■山梨のご当地グルメ『ほうとう』

ほうとうは、平らな麺を野菜と一緒に味噌で煮込んだ甲斐の国山梨の郷土料理です。

武田信玄公の陣中食として知られ、400年以上たった今も尚、郷土料理として親しまれています。

2007年には農林水産省により各地に伝わるふるさとの味の中から決める「農山漁村の郷土料理百選」の中の1つに選ばれている。

■『ほうとう』の味わい

「ほうとう」に使うめんはうどんと違って、めんを打ったあとねかさずにすぐに切って煮こみます。

そのため煮くずれしやすく、汁にとろみがつきますが、煮くずれしためんがみそとまじりあった味が、「ほうとう」のおいしさなのです。

使う野菜に決まりはありませんが、カボチャを入れて作ることが多いです。

塩気の強い味噌味に、カボチャの甘さが加わり独特の風味を醸し出しています。

■ルーツは武田信玄の陣中食!?

今も世に名高い武田軍の強さは、卓越した信玄自身の用兵と、それを忠実に実行し敵を打ち破った麾下の働きが大きい。

その軍団を支えたのが、甲斐という風土が生んだ優れた陣中食であったのである。

■『ほうとう』の名店

小作 甲府駅前店(甲府市)

スタンダードなかぼちゃほうとうの他にも13種類の様々なほうとうメニューがあるので、何度行っても飽きることなく色々なほうとうの味を楽しむことができます。

ほうとう処 いしはら(甲州市)

お品書きはほうとうの他に、湯もりや冷やむぎなどがあるだけのシンプルなもの。

ほうとうは自家製の手打ち麺と季節の野菜の味が存分に楽しめる一品。お肉が入っていないのが昔ながらの家庭の味なんだそう。

1 2





やまぐちたくみさん

関心の赴くままに、いろんなジャンルでまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう