1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

えっ、そうなの???実は別の人が演じていたかもしれない「あの映画」の「あの役」

もう見慣れている、あの映画のあの配役、実は別の有名俳優さんたちが演じるかもしれなかった???ストーリーまで変わっていたんじゃないかと思う、そんな驚きの「かもしれなかった配役」エピソードを集めてみました。

更新日: 2014年01月08日

dreamflowさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
194 お気に入り 375083 view
お気に入り追加

▶映画「ターミネーター」のターミネーター役

ボディビル出身の俳優アーノルド・シュワルツェネッガーを一躍スターダムに押し上げ、シリーズ化されたSF映画として知られる。

あのおなじみの効果音とともに登場する姿、彼しか想像が付きません・・・

しかし、このインパクトあるターミネーター役に最初に名前が挙っていたのが・・・

こんな素敵な笑顔のターミネーターはさすがに・・・。

でも、あの、メル・ギブソン氏がターミネーターの名台詞「I'll Be Back(アイルビーバック)」と言っている映像・・・かなり興味があります。

オファーを受けた俳優の中にはメル・ギブソンもいましたが、断ってしまいました。

▼そんなメル・ギブソン氏、実はこの映画も断っているんです・・・

映画「グラディエーター」の主役「マキシマス」

もちろん、ギブソン氏に来たオファーはそう、この主役の「マキシマス・デシマス・メレディウス」役。

「ターミネーター」といい、「グラディエーター」といい、何か縁があるようです。

しかしクロウはメル・ギブソン、ハリソン・フォードに次ぐ、この役の三番目の候補だったという。他の二人が出演を断った結果 クロウが役を得たのだ。

何と、メル・ギブソン氏の他にハリソン・フォード氏にも、この役のオファーが行っていたとの事。2人ともが断って、クロウ氏の元に。

▶SF映画の新たな一歩を切り開いた映画「マトリックス」のネオ役

彼の大出世作とも言えます。

映画自体も世界的な社会現象を巻き込むほどの人気に。

なんと、この役には・・・

確かに、スミス氏がネオ役なら、これはこれでどうなっていたのか、興味がありますね。

スミス氏がネオ役なら、ストーリーはまた、少し変わっていたかも???

『マトリックス』のネオ役(キアヌ・リーヴスが演じた)のオファーを断った

そして、映画「マトリックス」繋がりで言えば・・・

映画「マトリックス」のモーフィアス役

この役は・・・

確かに、迫力からすると、コネリー氏でもいいような気が。

しかし、彼は断った後に映画が大ヒットして「悔しがった」というからそれも好感が持てる。

ショーン・コネリーが「コンセプトが良く分からない」という理由で断ったらしいが、たぶんウォシャウスキー兄弟も、自分達が何を描いているのか良く分かっていないと思う。

▼ショーン・コネリー氏は、実はこんな役のオファーが来ていたとか・・・

映画「ロードオブザリング」のガンダルフ役

左はマッケラン氏ですが、コネリー氏でもハマっていたかもというくらい、雰囲気は分かる気がします。

コネリー氏にオファーがあり、断った2つの役ともにその後、映画が大ヒットしたとのこと。

▶社会問題をテーマに大ヒットした、映画「ヘルプ」

キャスリン・ストケットの小説『ヘルプ 心がつなぐストーリー』を原作とした2011年のドラマ映画である。1960年代の公民権運動を背景とし、ミシシッピ州ジャクソンに住む若い白人女性のスキーターと2人の黒人のメイドの関係を描く。

エマ・ストーン氏が主役を務めて、評論家からも高い評価を受けた、興行的にも大成功に終わった映画。

1 2 3





dreamflowさん

独自の視点ではありますが、何かの形で笑顔のきっかけになるまとめが作れたらと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう