1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

タトゥーをもう一度考えてみる!これが世界のタトゥー事情

海外ではタトゥーに「寛容」だという声を良く聞く。それは本当なのか?調べてみました。

更新日: 2015年10月17日

KUMACRUEZさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
364 お気に入り 797692 view
お気に入り追加

世界のタトゥー事情

ファッションの1つとして若者を中心に増えているタトゥー

米国の15歳から25歳の若者全体の25%がタトゥーを入れている

人気のきっかけはスポーツや音楽のスターの影響がある

アメリカ

「タトゥー = 二級市民」という概念がアメリカにも確実に存在

過酷な任務で知られる海兵隊は5年前、隊員が腕全体や首、顔にタトゥーを入れることを禁止しました。

「プロ集団としてのイメージが損なわれる」というのが理由

警察も規制に乗り出している。服で隠せないタトゥーは禁止

潜入捜査にあたる捜査員を除く

ハワイ州ホノルル

このほどホノルル市警の警察官たちが、勤務中にタトゥーを隠さなければならないという規則ができました。

義務付ける理由として、警察官イメージ向上につながるほか、他州の警察当局や米軍の規定にも一致するためとしている。

長袖の制服を着用するか、ファンデーション・絆創膏などを使用して隠す

イギリス

社会的には、刺青は労働者階級のものとみなされている

中間階級以上では刺青はあまり見受けられず、アーティストや芸能界以外では好ましくないものとされるケースが多い。

襟からはみ出す首の入れ墨や顔面に入れられたもの、手の甲などの入れ墨は、今度の規制によって全て禁止される。

制服や帽子で隠すことのできない入れ墨がある場合、今後一切採用しないとする方針

オーストラリア

プロフェッショナルな警察官として顔や首などへタトゥーが禁止

州によって警察学校に入学させないことがある

手や顔、頭皮、耳や首における入れ墨や身体改造、また、攻撃的とみなされるいかなる内容の入れ墨や身体改造が禁止となった。

今後の採用基準として、顔や首などに入れ墨があると対象外となる

1 2





KUMACRUEZさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう