1. まとめトップ

日本で起きたカニバリズム(食人)事件まとめ

日本で起きたカニバリズム事件をまとめました

更新日: 2014年04月16日

win-winさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
77 お気に入り 745675 view
お気に入り追加

意外に多い日本でのカニバリズム(食人)事件

カニバリズムとは

カニバリズム(英: cannibalism)は、人間が人間の肉を食べる行動、あるいは宗教儀礼としてのそのような習慣をいう。食人、食人俗、人肉嗜食、アントロポファジー(英: anthropophagy)ともいう。

なお、文化人類学における「食人俗」は、社会的制度的に認められた慣習や風習を指し、一時的飢餓状態下の緊急避難的な場合や精神異常による食人を含まない。また、生物学用語では種内捕食(いわゆる「共食い」)全般を指す。転じて、マーケティング用語で自社の製品やブランド同士が市場を食い合う状況を指す。

少年臀肉切り取り事件(1902年3月)

1902年3月27日、東京・麹町区下二番町で、同町に住む小学生・河井惣助(11)が圧殺され、
臀部左右の肉を削ぎ取られる事件がおこった。
麹町署では、臀部・踵の肉は興奮剤や薬用として効果があるという迷信から削ぎ取ったのではないかとみて、
直ちに非常線を張って犯人の逮捕にあたったが、捕まえることができなかった。

約3年後の1905年5月25日、薬店店主殺し容疑で逮捕された野口男三郎(36)が、臀肉事件の犯人として浮上。
野口男三郎は大阪生まれ、東京外国語学校へ通っているうち、麹町区下六番町に住む漢詩人・野口寧斎の家に出入りするようになり、
寧斎の妹の婿養子となった。寧斎はレプラ(らい病)患者だった。

 警察の取り調べに対して男三郎は、レプラには人肉を食べさせるとなおるという迷信を信じて、惣助を殺し、
人肉ス-プにして寧斎と妻に飲ませたと自供した。
ところがその後、その寧斎も不審な死に方をしたので警察は、男三郎が東京外国語学校を落第して
退学させられていたことを知った寧斎が男三郎と妹を離縁させようとしたため、
それを恨んで5月12日、病弱だった寧斎を病気で死亡したように装い毒殺したものとみて厳しく追及、男三郎も犯行を認めた。

 1906年3月19日、東京地裁で行われた公判で男三郎は、無実を主張、臀肉事件と寧斎殺しについては犯行を否認。
5月16日、臀肉事件と寧斎殺しは証拠不十分、薬店店主殺しで死刑判決。1908年7月2日、死刑が執行された。

http://www1.cncm.ne.jp/~seifu/jinniku1.htm

首なし娘事件(1905年7月/1906年8月)

1932年2月8日、愛知県名古屋市日比津野字野合(現在の中村区米野町)にある
鶏糞小屋で、小屋の所有者の長男が、若い女性の腐乱死体を発見した。

遺体には首がなく、警察が検証のため遺体の着物を開けると
乳房とへそ、陰部がえぐり取られていた。

遺体のそばにあった遺留品から、遺体の身元は岩田ますえ(19歳)であることがわかった。
さらに、遺留品にあった和菓子職人 増淵倉吉(43歳)への手紙の文面から
二人は恋愛関係にあることが容易に推測でき、警察の聞き込み調査により
東京から舞い戻ってきた倉吉とますえが、最近旅館で頻繁に合っていたことがわかった。

警察は、倉吉を指名手配して行方を追い始めた。

2月11日、木曽川河原で、ますえの頭部を発見。
ますえの頭部は、頭皮と毛髪が剥ぎ取られている上
両目もえぐり取られているという凄惨なものだった。


そして、3月5日、掃除のために別棟の物置を明けた
茶店「見晴屋」の主人が、死後1ヶ月ほど経過している
腐乱した首吊り遺体を発見した。


ぶら下がっている遺体は中年男性であったが
その異様な姿には、誰もが目を疑った。

女性の毛髪が継いた頭皮を頭から被り
女性用の毛糸の下着と洋服を身に付け
手にはますえの遺留品である赤い手袋をはめていた。

ポケットに入っていた女性ものの財布の中には
眼球が入ったお守りが収められていた。

さらに小屋の中を捜索すると
冷蔵庫の中にますえの体から切り取った乳房と局部が置かれていた。


言うまでもなく、この首吊死体は倉吉であった。

http://hanzainorekisi.seesaa.net/article/306486747.html

群馬県で生まれ育った倉吉は、若い頃から神仏を篤く信仰し、死後の世界の存在を信じて疑わなかった。後に和菓子職人となった彼は東京・浅草で和菓子店を営み、妻と子供にも恵まれていたものの、1923年(大正12年)の関東大震災で店を失う。

少年生胆取り殺人事件(1938年5月)

少年生胆取り殺人事件 崔東雲(24) 愛知/天白(現名古屋)
 崔はカニとりをしている少年(9)に声をかけ自転車で連れ去り、殺害して胆嚢を取り去った。
崔はハンセン病にかかっており、胆嚢がハンセン病に効くという迷信から犯行に及んだものと思われる。
崔は逮捕直前に逃げ出して列車へ飛び込み自殺した。

http://wiki.livedoor.jp/mikaiketsujiken/d/%A1%DA%BF%CD%C6%F9%BF%A9%A1%DB%C6%FC%CB%DC%A4%CE%BF%A9%BF%CD%BB%F6%B7%EF%A1%DA%A5%AB%A5%CB%A5%D0%A5%EA%A5%BA%A5%E0%A1%DB

小笠原(父島)事件(1945年2月)

戦争末期で空襲が激しく行われていた小笠原諸島・父島には、
陸軍・立花芳夫中将指揮の混成第一旅団と、海軍の森国造中将指揮の父島方面特別根拠地隊が駐留していた。
陸海軍高級将校達は連日酒宴を開いていたが、ある日酒乱で気の荒い立花芳夫中将と的場末男少佐が、
墜落した爆撃機から捕えた米軍捕虜の肉を食べて戦意高揚を図ろうと、軍医に捕虜の解体を命じた。
針金で大木に縛り付け、「日本刀の凄みを披露する絶好の機会じゃ」と試し切りの希望者を募って殺害する。
その後解体して宴会のつまみにした。米兵の手足の肉や内臓を立花が食べると、
「これは美味い。お代わりだ」とはしゃいでいたという。
戦後事件が発覚し、立花ら4名の将校は絞首刑。他に関係した者が終身刑や懲役刑となった。
立花と的場は死刑執行されるまで、米軍から激しい虐待を受けたという。
なお、墜落した爆撃機のパイロットの中に後のアメリカ41代大統領、ジョージ・ブッシュがいた。
彼は海にパラシュートで落ちて、味方の潜水艦に救助されたことで、食べられることをまのがれたのである。

http://wiki.livedoor.jp/mikaiketsujiken/d/%A1%DA%BF%CD%C6%F9%BF%A9%A1%DB%C6%FC%CB%DC%A4%CE%BF%A9%BF%CD%BB%F6%B7%EF%A1%DA%A5%AB%A5%CB%A5%D0%A5%EA%A5%BA%A5%E0%A1%DB

立花 芳夫(たちばな よしお、1890年(明治23年)2月24日 - 1947年(昭和22年)9月24日)は、日本の愛媛県出身の陸軍軍人。陸軍士官学校卒業(25期)。兵科は歩兵科。功四級。

先妻知的障害連れ子殺人・人肉食事件(1945年2月)

夫婦で怠惰な生活を送っていて食べるものに困っていた江藤まつ(32)は、幼い子供たちからのおなかがすいたという訴えに窮し、日ごろから冷たくあたっていた夫の先妻の連れ子で、知的障害のある次女(17)を殺害して食べさせることを計画。

夫が不在時に子供達を外出させ、次女を立たせて後ろから窒息死させる。バラバラに解体した後に、胴体をぶつ切りにして骨皮つきのまま鍋で煮込んで、山羊の肉とだまして子供と夫に食べさせ、自分も食べた。
内臓や頭・手足は庭に埋めた。肉は3日間に食べ続けた。11月になって次女の姿が見えないことを不審に思った駐在の追及から発覚。懲役15年。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n218081#

生き胆取り殺人(1948年4月)

自身がハンセン病や肺結核と思い込んだ平岩は、医者にも行かず自棄的な生活を送っていたが、
病気には生き胆が効くと聞き、行商に訪れた女性(37)を殺害して解体。
しかし血や内臓を見て動転して食べることができずに遺体を遺棄した。死刑。

http://wiki.livedoor.jp/mikaiketsujiken/d/%A1%DA%BF%CD%C6%F9%BF%A9%A1%DB%C6%FC%CB%DC%A4%CE%BF%A9%BF%CD%BB%F6%B7%EF%A1%DA%A5%AB%A5%CB%A5%D0%A5%EA%A5%BA%A5%E0%A1%DB

脳味噌試食殺人(1949年3月)

刑務所を出所後、福岡県八幡市の大師堂守夫婦宅に居候していた和田(58歳)は、
夫婦を殺害して家財を売り払おうと計画。

夫(68歳)を殺害し、その妻(58)も凌辱後殺害して 24個に解体。

解体中に刑務所で「人間の脳味噌は体にいい。食べると長生きする」と聞いた事を思い出し、夫の脳味噌を取り出して、味噌汁に入れて食べた。こちらも死刑。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11107780216

死産時遺体黒焼き販売事件(1956年2月)

男が死産した赤ん坊の遺体を土葬から掘り出してブリキ缶で黒焼きにし、
粉末状にして「強壮剤」として販売していた。

http://wiki.livedoor.jp/mikaiketsujiken/d/%A1%DA%BF%CD%C6%F9%BF%A9%A1%DB%C6%FC%CB%DC%A4%CE%BF%A9%BF%CD%BB%F6%B7%EF%A1%DA%A5%AB%A5%CB%A5%D0%A5%EA%A5%BA%A5%E0%A1%DB

17歳若妻バラバラ殺人事件(1959年9月)

食堂を経営している加藤信嘉(42)の元に、以前佐賀から集団就職で加藤の食堂で働いたことがある女性(17)が再び訪れてきた。

女性は地元で結婚していたのだが、振る舞いが派手なことから離婚話が持ち上がり、職を得るために以前のツテでやってきたのだ。

女性を乱暴することを計画した加藤は、睡眠薬入りのアイスを食べさせて倉庫へ連れて行った。しかし女性は眠らなかったので、力ずくで犯そうとしたものの激しく抵抗されたため、首を絞めて殺害した。
加藤は少女の全裸死体の美しさに、そのまま棄てることをためらい倉庫に保管することにする。腐乱を防ぐためにドライアイスに死体を詰めて保存し、夜な夜な倉庫にやってきては死体を愛撫していた。

そして乳房や陰部を切り取って食べた。最後に遺体はバラバラにして、川に遺棄した。加藤は無期懲役が確定している。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n218081#

人骨黒薬販売事件(1980年6月)

男は深夜火葬場に忍び込み、人骨を集めては砕いて木炭と混ぜて万病に効く薬として売りさばいていた。
過去にも数回、同じ罪で逮捕・服役している。

http://wiki.livedoor.jp/mikaiketsujiken/d/%A1%DA%BF%CD%C6%F9%BF%A9%A1%DB%C6%FC%CB%DC%A4%CE%BF%A9%BF%CD%BB%F6%B7%EF%A1%DA%A5%AB%A5%CB%A5%D0%A5%EA%A5%BA%A5%E0%A1%DB

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(1989年6月)

誘拐・殺人した女児(4)の遺体を焼きその遺骨の一部を食べたり、
別の女児(5)では遺体をバラバラにして両手首と足首を焼いて、そのうち両手首を食べ、血を飲んだと裁判で証言。
子供時代に亡くなった祖父の遺骨を持ち帰って食べたとも証言している。死刑。

http://wiki.livedoor.jp/mikaiketsujiken/d/%A1%DA%BF%CD%C6%F9%BF%A9%A1%DB%C6%FC%CB%DC%A4%CE%BF%A9%BF%CD%BB%F6%B7%EF%A1%DA%A5%AB%A5%CB%A5%D0%A5%EA%A5%BA%A5%E0%A1%DB

定時制高校生人肉食目的教師殺人未遂事件(2000年4月)

1 2





事件・事故の話題などを中心にまとめています。

http://matome.naver.jp/mymatome/win-win

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう