1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

あなたの印象もアップするかも…? 身に付けたい“上手な話し方”とは

相手との関係や相手の気分も決まる話し方。話すときには何を心掛ければ良いのかわかりにくいですよね。プライベートでもビジネスでも使える上手な話し方についてまとめました。

更新日: 2014年01月08日

Mypleasureさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2052 お気に入り 210935 view
お気に入り追加

普段から心掛けたいこと

目を大きくして話そう

第一印象は「目」で決まると言われます。魅力的な人には「目力」があり、人をひきつけます

目を大きく開けていれば、「興味をもってくれてるんだ」と思ってくれます

「目は口ほどに物を言う」という言葉もあるくらい、情のこもった目つきは、言葉で説明するのと同等に、相手に気持ちが伝わるもの

目力など目には気持ちも入るみたい

微笑みも重要!

「笑み」は相手の心をやわらかくさせるので、これだけで、対人関係ではよい雰囲気が生まれやすい

・「少し笑顔で」→相手が自分に好意を持っているという感覚が得られる

聴き手側は信頼されているんだという気持ちになります

歯が白いと印象も良くなる

誰かと話をしたときに、人が無意識に見ているのが相手の口元。つまり、しゃべっているときに常に目がいくのが“歯”です

歯が黄色いと不潔感が出てしまいます

もしお金に余裕があれば、ホワイトニングがオススメ!

適度な相づちも取り入れよう

トークの基本は、相手の話を上手に聞くことといいますが、この上手な聞き方をするに当たり、一番大切なのは、「相づち」

あいづちを打たないでいると、「この人は、話を聞いてくれているのかな?」と相手を不安に、不快にさせてしまうこともあります

適度な相づちは場の雰囲気も良好にする効果もあるんだとか

何回か相手の目をみる

相手の目を見ると言うことは、「私はあなたに完全に心を開いています」というサインなのです

心理学で「アイコンタクトの原理」と呼ばれる法則があり、これは、相手と”視線”を交わせば交わすほど、”お互いの親近感”は高まる

アイコンタクトで親近感を深めよう

ビジネス場面で気を付けたいこと

1 2





Mypleasureさん

簡潔で見やすく、役に立つまとめをモットーにまとめますのでよろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう