1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

たった100円で解決できる!毛玉をキレイに取る方法

お気に入りの服なのに、いつの間にか毛玉がたくさん。そんな経験がある方も多いのでは?でもご安心を!なんと100円ぽっきりでそんな悩みを解決できる方法をご紹介。

更新日: 2015年03月06日

4430 お気に入り 1048933 view
お気に入り追加

毛玉ができてしまうのはこれが原因…

出典bepre.jp

いつの間にかたくさんできてしまう。

なんでできちゃうんだろう…?

『着用中の摩擦』

局部的に繰り返し、または連続で摩擦の加わる場合に多く見られます。制服でいえば、座ることによってすれるお尻の部分、歩く時にすれる内股、もたれる部分の背中、ベルトのあたる部分など。

『洗濯時の摩擦』

ゴワゴワした硬めのものと一緒に洗濯すると部分的に毛玉が発生する場合があります。洗濯機で洗える制服でも必ず単品でネットに入れて洗いましょう。

『多頻度の使用』

着用時間の長い衣料や洗濯回数の多い衣類は発生しやすい傾向にあります。毎日着る制服はまさにこれに当てはまります。

天然繊維(綿、シルク、ウールなど)と化学繊維(アクリル、ポリエステルなど)の混紡品は毛玉ができやすい 。

便利そうに見えて失敗しちゃうことも多いんです…

手で取らなくても済む!なんて画期的なんだろうと思っても…現実は違いました。

毛玉取り器は今でも表や見た目の形を変えただけで販売されているので、それらを使い悲しい思いをしてしまう人は現在も後を絶ちません。

使うたびにだんだんと服が薄くなっているに気づいた方も多いのでは?

一時期、簡単に毛玉が取れると話題になりましたが、実際にやってみると意外と面倒だったりします。

上手くやれば効果があるカミソリ。でも、シワがある状態でこの方法を実行してしまうと生地を傷めるばかりかカミソリの刃により服に穴が開いてしまいます。

傷つけちゃいそうって気を遣うのも嫌ですよね…

これで解決!しかも100円でOK!

台所にあるスポンジ!!

この方法、実はクリーニング店でも推奨している方法なのだとか。

この毛玉がたくさんついた服をスポンジの硬い方で擦ってやるだけでキレイに毛玉が取れる。

こんな毛玉が…

こんなキレイに!!

毛玉ができやすい冬はこうして乗り切ろう!

洋服を脱いだら、洋服ブラシなどで毛先を整えるようにブラッシングしましょう。

繊維の流れを整えるだけでも効果抜群!

『洗うときのポイント』

・繊細な生地は手洗い推奨
 …優しく洗うならやっぱり手洗いです。

・きつめの洗濯ネットに入れて洗う
 …生地同士に動く余裕があると摩擦が大きくなります。

・裏返して洗う
 …生地表面を外部の刺激から守りましょう。

・柔軟剤を使う
 …摩擦の原因である静電気予防になります。

洗濯するときも気を抜かないことが肝心。

柔軟剤の中の陽イオン系界面活性剤は、繊維への吸着性にすぐれ、繊維の表面を覆います。

この陽イオン系界面活性剤の親水基部分は、空気中の水分子と結合し電気を流す性質を持つことから、静電気が発生してもすぐに流れ出てしまいます。

また柔軟仕上げによってすべりがよくなり、摩擦が少なくなるので静電気の発生そのものも少なくなります。

【おまけ】ソファーの毛玉だってスポンジでOK

出典nanapi.jp

意外な盲点。布製のソファも毛玉がつく。

布製のソファって使っているうちに毛玉ができてきませんか?これもスポンジでソファの毛玉を簡単にとることができます。

こすりすぎると、ソファの布地を痛めてしまうことがあるので注意してください。

ソファも服と同様に”優しく”がポイントです。

1





ブログメディア「Jobmee(ジョブミー)」を運営。主に仕事・転職・Webなどの情報を発信しています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう