1. まとめトップ
32 お気に入り 1700759 view
お気に入り追加

韓国崩壊の序章か…就活生の9割が海外就職希望「自分さえよければ」と非難されても

韓国の就職が厳しくなったのは、1997年のアジア通貨危機がキッカケとされる。韓国の金融機関の不良債権問題が一気に吹き出て、国家破産のすれすれのところまで追い込まれたが、国際通貨基金(IMF)の支援で命拾いをした経緯がある。

ただ、この通貨危機を契機に抜本的な経済、社会改革を強いられ、韓国企業も構造的なリストラに着手。雇用については、正社員数を減らして契約社員を多用する態勢にシフトし、これが今に至る就職難につながっているとの指摘は多い。

とくに現在は産業界ではウォン高に加え、追い上げてきた中国と、復活した日本の挟撃に合い、苦しんでいる韓国企業は少なくない。

韓国、経済破綻秒読みか 若者の失業深刻、高齢者の半数が貧困で自殺者量産

韓国経済破綻は秒読み段階に入ったようだ。

韓国の国会内で、昨年末時点で全体負債総額は4781兆5000億ウォン(約478兆1500億円)ということが明らかにされた。国民1人当たりに換算すると9446万ウォン(約945万円)程度の借金をしているということになる。

さらに、従来の統計では国の借金にカウントされない「隠れ借金」の存在も指摘されており、韓国国内の大手シンクタンクが分析したところでは、負債総額は政府が発表した額の3倍に上るといわれている。

経済状況はまったなしの緊急事態、国民の不満は高まる一方、将来に悲観して自殺する国民が続出……韓国の崩壊は眼前に迫っているのかもしれない。

韓国の金融市場から資金流出 「制御不能」状態に

中国メディアは新興市場における資金流出と朝鮮半島南北関係の緊張により、韓国の株式で構成される指数に連動するETF(投資信託)が急落し、韓国から資金が流出したと報じた。

さらに、米国の投資銀行であるゴールドマン・サックスが7月、「新興国の通貨のうち、ウォンがもっとも脆弱」と指摘したことを紹介し、韓国銀行は金融緩和を行いたいと考えているものの、国内の家計負債が非常に高い水準であることから利下げできない状況にあることを伝えた。

韓国経済、世界最下位転落 “終息宣言”前倒しの悪あがきも…消費者景況感指数

韓国経済はついに「世界最低」に-。米調査会社ニールセンが発表した今年4~6月期の世界の消費者景況感指数で、韓国の指数は調査対象60カ国中、初の最下位に転落した。

輸出も内需も不振で若者の失業率も高止まるなか、中東呼吸器症候群(MERS)の感染拡大がとどめを刺した。

MERSの“終息宣言”を前倒しするなど悪あがきする朴槿恵(パク・クネ)政権だが、世界の「独り負け」から脱却する展望は開けない。

韓国で「限界企業」が増加、ムーディーズが「韓国の銀行資産が危ない」と警告

国際格付け会社ムーディーズは、韓国で営業利益が負債の利子費用にも満たない「限界企業」が増加しており、韓国の銀行資産の健全性を深刻に脅かしていると警告した。

構造的な衰退期を迎えた産業への大規模な企業向け融資が、(銀行)資産にとって重大なリスク要因となっている」とし、韓国銀行(中央銀行)が先月30日に発刊した金融安定報告書を引用して「3年連続で借り入れの利子よりも営業利益が少ない限界企業の数が3295社となり、2011年より15%増加している」と指摘した。

韓国の「破綻」指標が急騰…11カ月ぶりの高水準は経済崩壊の兆しなのか?

韓国の破綻リスクを示す指標が急騰している。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)と呼ばれる金融派生商品の保証料率が1月下旬に約11カ月ぶりの高水準の数値を記録。

財閥系企業の業績低迷、2014年10~12月期の実質国内総生産(GDP)が約2年ぶりの低水準となるなど不安要素も少なくない。CDSの急上昇は経済崩壊の兆しなのか…。

中国の景気減速が韓国への“直撃弾”に、“逆ナットクラッカー”現象も深刻・・韓国ネット「このままではもたない」「中国経済を信じすぎた政府の誤算」

中国の輸入は今年、急速に減少しているが、これが韓国への“直撃弾”となっている。今年1~5月の中国の輸入額は6353億ドルと、前年同期比で21%減少した。

その結果、韓国の輸出額は今年に入って6か月連続で減少が続いている。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「MERSも防げなかった無能な政府が、チャイナリスクに対応できるわけがない」

「中国経済を信じすぎた政府の誤算。世界の様々な国とバランスよく付き合うべき」

「朝鮮末期とあらゆる面において同じ」

「安倍は嫌われているが、経済の面では頑張っている」

バブル崩壊 鎮火できない中国、延焼する韓国

中国株バブルが崩壊した。株安が共産党の支配体制を揺さぶりかねないと、当局は株式相場の下支えに必死だが、市場の流れには抗しきれない。

隣家延焼の恐れに、お隣の韓国はすでにパニック状態となっている。韓国のGDPの輸出依存度は5割を超え、しかも輸出の25%強は中国向けで、その比率は米国の2倍。

日本や米国がブレーキを踏むのを尻目に、ここ数年は企業の対中直接投資を目いっぱい増やしてきた。その中国シフトが今や完全に裏目に出たのだ。

もし中国株バブルの崩壊が不動産やシャドーバンキング(銀行を経由しない金融機能)に及べば、韓国経済はもたない。韓国のメディアは連日、そんな金切り声を上げる。

韓国シンクタンク、朴大統領の失政でギリシャ化を懸念

韓国経済の悲惨な実態が暴かれようとしている。従来の統計では国の借金にカウントされない巨額の「隠れ借金」の実態を有力シンクタンクが分析、負債は国が発表した額の3倍近くにまでふくらむというのだ。

厳しいのは国家財政だけでなく、経済の原動力となる家計や企業の借金も増え続けているというから深刻だ。内需不振のため、家計の債務も増え続け、韓国社会は不満がたまっている。

そのはけ口として『反日』が利用されている面も否定しがたい。日本にとってはいい迷惑としか言いようがない。

朴政権また(MERS)危機対応に失敗 
怒り心頭の韓国メディア 観光、貿易に大打撃

韓国で感染が広がる中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス禍は、経済にも大打撃を与えている。中国などの観光客のキャンセルも相次ぎ、消費低迷に追い打ちをかける。

輸出も減少続きで稼ぎ頭を失った状況は「(昨年4月の)旅客船セウォル号の沈没事故よりも深刻」との声もある。

危機対応でいつも失敗する朴槿恵(パク・クネ)政権は当てにならず、低空飛行の経済が失速しかねない。

日韓通貨スワップ協定は延長されない見通し、両国の関係悪化で
14年の歴史に幕

通貨スワップ協定は中央銀行同士の協定で、通貨危機の際に自国通貨を担保に相手国通貨を融通し合う制度。

日韓は01年に協定を結び、欧州債務危機などを受け11年には700億ドル(約8兆3040億円)まで拡大したが、12年は130億ドル(約1兆5420億円)に縮小。

12年以降の日韓関係の悪化が影響を及ぼしたとの指摘が出ている。

安倍首相側近 韓国と首脳会談しても国益上さほど得はしない

「安倍総理の外交ブレーンのひとりは、『いま首脳会談をやって対立が鮮明になるくらいなら、無理に行なう必要はない』とアドバイスしています。

今、安倍政権が重視しているのは『国益外交』です。ベトナムやトルコで原発輸出を決めたように、安倍総理が外遊した際には、一国あたり数千億円から1兆円近くになるビジネスの種を蒔いている。

しかし、韓国にはそういう経済的なメリットが期待できない。はっきりいえば、日本の国益上、韓国と雪融けしても、大して得をしないということです。

安倍首相、靖国参拝の“経済的意図”~危機高まる韓国経済への支援回避か?米国失望の真意

アメリカは、韓国経済が崩壊して金融危機が引き起こされ、市場が荒れるような危険はなんとしても避けたいところで、できれば「自分の懐を痛めずに」韓国を支援する資金を捻出しようと考えた。その錬金術とは、日本に韓国の金銭的支援をさせることだ。

ところが世論を考えると、日本政府は関係が悪化している韓国を積極的に助けるという選択をすることは難しい。しかし、正面から「NO」を突きつけると国際的な非難を浴びかねない。

そこで一計を案じたのが、今回の安倍首相の靖国参拝です。結果は案の定、韓国が「日本からの援助は必要ない」との立場を表明した。

この一連の流れにアメリカが不快感を示したのです。

朴槿恵大統領の訪米は、オバマ大統領に「日本の経済支援」仲介依頼、「乞食・命乞い外交」だった

韓国の朴槿恵大統領が就任して初の訪米は、一体何が目的だったのか?

急激なウォン高=円安が進行する煽りを受けて、韓国経済が大打撃を受けているため、オバマ大統領から安倍晋三首相に「韓国経済支援」を仲介してもらうよう、いわゆる「乞食外交(物乞い外交)」を行ったと見られている。

父親である朴正煕元大統領が、日韓基本条約締結以降、日本から巨額の支援金をせしめた実績があるので、親子2代にわたって「乞食外交」を展開するのは、さすがに「恥」と思ったのか、オバマ大統領にすがりつき、安倍晋三首相との仲介を依頼したのだ。

「乞食外交」の変形である。韓国経済の疲弊は、相当深刻であることを証明している。

朴槿恵・韓国大統領は非礼ではないか、の声 
安倍首相の韓国語あいさつに下を向いたままで返礼

記者会見で安倍首相は満面の笑みを浮かべ、「朴大統領とお会いできて光栄です」と韓国語で挨拶したが、朴大統領はそれを無視するような素振りで下を向いたまま目も合わせず、挨拶すら返さなかった。

韓国・朴大統領の「演技」 どこまで自己中心的で甘えているのか

テレビに映らない場面では「安倍首相と朴氏は握手し、笑顔であいさつしていた」(同席した政府関係者)。

朴氏の外交儀礼を無視した態度は、主に韓国内向けのポーズだったのだろう。

ただ、朴氏は別れ際に(安倍)首相に「私と握手したことは言わないでくださいね」と念を押すのを忘れなかった。

理解し難いのは、世界でこれだけ日本の悪口をまき散らしながら、当の相手が自分の「演技」に付き合うのは当然だと考えているフシがあることだ。しかも米国まで巻き込んで、である・・・

どこまで自己中心的で甘えているのか。

韓国が日本との通貨スワップ再開を懇願…今さら虫がよすぎるのではないか?

「何を今さらムシのいい話を」「断固拒否すべきだ」-。

韓国の経済団体、全国経済人連合会(全経連)が日本側に求めた「日韓通貨スワップ再開」に対し、日本のネット上でこんな書き込みが相次いでいる。

それもそのはず、通貨スワップは、韓国側が「延長の必要がない」と言い出し、今年2月に終了したばかりだったのだ。

韓国が慰安婦問題や竹島問題などで対日強硬姿勢を続けているのに、困ったときにだけ日本に泣きついてくる姿勢に「正直、あきれかえった」との書き込みもある。

日本の援助に仇で返し続けてきた韓国 経済破綻しても自業自得

韓国の態度は、困った時には救いの手を求め、困った状況から脱したとたんに「バカにするな」といってその手をはたくというものだ。

半導体技術を韓国企業に供与してサムスンをはじめとする電子メーカーを育て、さらに通貨危機の際には身を削ってまで韓国を助けてきた日本。

それらをことごとく仇で返してきたのが韓国という国である。

こんな国が経済破綻したとしても、まさに自業自得。これこそ、日本が「歴史を直視」した結果、導き出す答えである。

1 2 3 4 5





konnomitsuhikoさん

日本の尊厳



  • 話題の動画をまとめよう