1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

あなたは正しく使えてますか? 意外と知らない【加湿器】の正しい使い方

乾燥する時期に欠かせない加湿器。しかし、使い方や効果があまり知られていないみたいです。加湿器の効果や使い方についてまとめました。

更新日: 2014年01月13日

VVV504さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
707 お気に入り 335218 view
お気に入り追加

意外と使い方が分かりにくい加湿器

加湿器を借りたけど使い方わからないとゆー(´•̥ ω •̥` )

冬場に加湿器は欠かせない

風邪予防、乾燥肌予防、ドライアイ、のどの保護、花粉症の軽減、観葉植物の保護などのように効用は色々あります

乾燥状態が続くと、のどや気管支は防御機能が低下するため、インフルエンザウイルスによる感染が起こりやすくなります

インフルエンザの予防にも加湿器が効果的

加湿器の気を付けたい使い方とは?

こまめに掃除しよう

カビや雑菌は繁殖しやすく、空気中にまき散らされてしまうと、目のかゆみ、咳、呼吸障害などの原因となります

メンテナンスを怠ると、水に含まれるミネラル分などがフィルターに付着し、加湿能力が低下してしまいます

毎日水の交換を

タンクの水が足りなくなった場合も、注ぎ足しは厳禁です。毎日タンク内を洗って、新しい水道水を入れるようにしましょう

中に雑菌が繁殖すると、室内にばらまいてしまう。水は毎回交換して、タンクをきれいに洗ってから、新しい水を入れてほしい

設置場所に気を付けよう

換気扇の近くはNG

折角加湿の為に放出した水蒸気を最短距離で外に排気されてしまう可能性があり室内の湿度が上がらなくなる

エアコンの近くも気を付けたい

エアコンの吹き出し口の真下に加湿器を置くと、乾いた空気を感知してより湿度を上げようとし、加湿過多になってしまいます

できれば床じゃなく少し高い位置に置こう

湿気は水平方向に広がり易いが、上下方向には広がり難く、空気より重いので下へ向かう

加湿のし過ぎにも注意を

適度な使用を心掛けましょう

壁や窓、家具から5センチ以上離す、換気を行う、寝るときは加湿器を消すなど結露をさせないよう工夫しながら使う

1 2





VVV504さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう