1. まとめトップ
  2. カラダ

食べる順番がカギ!これならダイエットが続けられるかも!

お正月や連休で、ちょっと体重が増えてしまった・・・と言う方も多いと思います。ダイエットは続けることが難しく、寒いこの時期はなかなか思うように瘦せてくれませんよね。そんな時は、たべる順番ダイエットを実践してみませんか?無理せずに続けることが出来て、嬉しいメリットがたくさんあります^^

更新日: 2014年01月14日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
580 お気に入り 87210 view
お気に入り追加

気になる「正月太り」・・・。

正月から食べ過ぎ。だらだらしすぎ(笑) 今日とか食べ過ぎてまだ苦しい(;´・ω・)笑 ちょっとこれから食事制限してこ(*_*)

食べ過ぎやばい 正月で2kgふえた(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

「同じものだけ」を食べ続ける危険性。

好きなものは、どうしても多く食べてしまいがち。
“ばっかり食べ”は、子供から大人まで、年々増えて来ていると言います。

続けていると、日本人の繊細な味覚も失われてしまいます。さらには、偏った栄養、高カロリー食を好むようにもなってしまいます。

養のバランスが取りにくく味覚の発達も不十分になり、複雑な味や食べたことのない新しい味を嫌うようになります。

老廃物もたまりやすくなるので、体の中に毒素も増えガンや生活習慣病へと発展する可能性もあります。

「三角食べ」って知っていますか?

1970年代頃、日本の一部の学校において、給食の指導で広められた「三角食べ」
「和食をおいしく味わうため」として指導が行われていたようです。

三角食べ(さんかくたべ)とは、和食を食べるときに飯と味噌汁とおかずを“順序よく食べる”方法のこと

3つの違った栄養素を持つ食べ物を順番に食べるということ。

途中でお腹一杯になって残してしまった時でも、栄養面では偏りがない

その流れで「食べる順番ダイエット」を実行して行きましょう!

▼①最初は野菜から。食物繊維を摂りましょう。

お腹が空いている時は、真っ先にご飯を食べたくなるものですが、ちょっと待った!
まずは、野菜や海藻、きのこ類から食物繊維を摂りましょう。
食物繊維をお腹に入れることで、空腹からくる早食いを防ぎ、食べ過ぎを防止します。

野菜、きのこ、海藻などは低カロリーで食物繊維を豊富に含んでいる。食物繊維は炭水化物の一種だが、人間の消化酵素では消化できないため、エネルギーにはならない。

▼②次に肉や魚などのたんぱく質。

次に肉や魚などのたんぱく質を摂りましょう。
極端にたんぱく質の摂取量を減らしてしまうと、筋肉量が減って基礎代謝が落ち、かえって太りやすい体になってしまいます。しっかりと摂りましょう。

我慢しなくてOK!次に肉・魚をいつも通りに食べる

肉、魚、卵、大豆製品などにはたんぱく質が豊富に含まれている。人の体は、糖質が不足してもたんぱく質や脂質から必要な糖質を作り出すことができるが、たんぱく質や脂質は体内で合成できない必須栄養素。ダイエット中こそ控えてはいけない

肉や魚同様、チーズも積極的にとりたいたんぱく源

▼③最後にご飯や麺類の炭水化物。

「野菜」「肉や魚」の順に食べているので、もうご飯はそんなには食べられなくなっているはず・・・。
炭水化物を自然に抑えられるのも嬉しいですね。

食物繊維、タンパク質の順番で食事のメニューを全部食べきっていくことで最後となる炭水化物を食べるときにはある程度の満腹感が期待できるので、炭水化物をたくさん食べなくても満足することができる

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう