1. まとめトップ
  2. レシピ

牛乳でサバを煮る!?和食の欠点を補ってくれる「乳和食」とは

世界で注目を浴びてる、日本が誇る食文化「和食」。健康に良いとされているが、実は和食にも弱点が・・・!

更新日: 2014年01月18日

mayumayuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2074 お気に入り 350825 view
お気に入り追加

健康といえど、和食にも弱点はある

健康志向で見直される中、塩分が多いことが欠点として指摘されている和食

味噌、醤油、漬物……と“塩分過多”になってしまい、高血圧になりやすくなる

高血圧で悩む日本人は多いですよね

和食の弱点を補う”乳和食”

1日の食塩摂取量として6グラム未満が推奨されているが、現在の日本人の平均摂取量は約10グラムで欧米に比べても多い

塩分の過剰摂取で上昇した血圧を下げる効果も期待できる

一般食ではなかなか摂取しづらいカリウムやマグネシウムも補える

意外にも合う「和食✕牛乳」

減塩対策としては従来、だしをしっかり取ってそのうまみを味に生かすことがよいとされてきたが、一般の人が毎日続けるのは難しい

だしをしっかり取るには、大量のかつおぶしを用意して、アク取りもしなければならないなど手間がかかるから大変!

牛乳のうまみとコクが調味料となり、その分、塩やしょうゆ、みその量を減らしても薄味にならない

和食の定番である煮魚に牛乳を加えると、魚の臭みが消え、身はふっくらとふくよかになる

しかも、牛乳の旨味が魚の味をより深め、調味料の味も、より強く引き出すため、みそやしょうゆの量は半分以下で済む

簡単に作れる乳和食レシピ

プラス牛乳の“乳和食”なら、手軽で経済的。特に今の季節は味噌汁や鍋、煮物など、レパートリー多彩に作れる

さば 2切れ
牛乳 100ml
味噌 大さじ1
酒  大さじ2
砂糖 大さじ1
赤唐辛子 (半分にして種を除く)

豚薄切り肉 3枚(75g)
にんじん 1/4本(4cm)
大根 5cm
ごぼう 1/5本(10cm)
じゃがいも 1個
長ねぎ 10cm
ごま油 大さじ1
水 400cc
粉末だし 小さじ1
みそ 大さじ1
牛乳 100cc
しょう油大さじ1

ひき肉
ごぼう
牛乳 150ml
砂糖 大さじ1
醤油 小さじ1

牛乳は、お料理として素材と一緒に食べると、腸での乳糖の吸収がゆっくりゆるやかになるのでおなかがゴロゴロしにくい

「減塩の食事、物足りないな~」とか「飽きちゃったな~」って方にオススメ

1





mayumayuさん

思いついたことをまとめていこうっと。



  • 話題の動画をまとめよう