1. まとめトップ
  2. カラダ

ダイエットの質を高める"やせ脳"をつくる6つのポイント

脳には、やせやすい状態の「やせる脳」とやせにくい状態の「太る脳」があるのをご存知ですか?これらには「幸せホルモン(セロトニン)」が大きく関係しています。上手にやせる脳のスイッチを入れてあげる事で、ダイエットの質は大幅に高める事が可能です。

更新日: 2014年01月15日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2346 お気に入り 630384 view
お気に入り追加

■「太る脳」と「やせる脳」の関係

脳のタイプには、「太る脳」と「痩せる脳」があるって知っていましたか?

一般的に言われている太る脳とは、「ストレスを感じている脳」のこと。一方、痩せる脳とは、「ストレスを感じていない脳」のこと。

■やせる脳のつよい味方"セロトニン"

太るメカニズムには脳の働きが大きく関わっていて、その鍵を握るのが脳内に分泌されるホルモン「セロトニン」

別名「幸せホルモン」と呼ばれており、ストレスで緊張したり、興奮した状態などから心を落ち着かせ、安定させる働きを持っています

リラックスしているときや気持ちが満ち足りているときに分泌されるホルモン

■幸せホルモンが増えればダイエット効率は上がる

セロトニンが分泌されていれば、満腹中枢が敏感になり、適量の食事で満腹に

食べ過ぎを防ぐ「やせる脳」を作るには、無理な食事制限ではなく、ストレスを解消して気持ちを安定させることが大切

■幸せホルモンの低下はダイエットの質を下げる

セロトニンが脳内で減少すると食欲が増し、どれだけ食べても満足感が得られないないため、ダイエットがうまくいかなくなってしまいます

ドカ食いを引き起こす原因にも繋がります。

例えば、食欲の欲求を無理やり押しつけてしまうと脳がストレスを感じてセロトニンの分泌が減少していく

常にストレスを抱えがちな人は、慢性的な「セロトニン不足」になっているかもしれません

■幸せホルモンの分泌を促そう

セロトニンを増やすことで精神をリラックスさせるなどの良い効果が期待できます

上手にセロトニン=幸せホルモンを増やし、ストレスのない「やせる脳」を手に入れましょう

その1:食事で促す

セロトニンを増やすにはトリプトファンの含まれる食材(大豆食品に多く含まれている)を摂取することも大切です

トリプトファンが不足していると、セロトニンが充分に作られず「太る脳」になる可能性が…。

このトリプトファンが多く含まれるのは、カツオやマグロなどの赤身の魚、肉類、牛乳やチーズなどの乳製品、大豆など

その2:適度な運動をする

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう