1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

◎バリ邦人不明、1人の遺体発見

18日午後6時10分ごろ、サヌールの沖合で行方不明者とみられる1人が見つかった。ビニールを用意しろ、と救助関係者が叫んでいたという。捜索救助庁は18日の記者会見で、1人の遺体を発見したと発表した。

◎18日午前 全員無事発見の情報も…

フジテレビ「とくダネ」2/18 8:45 放送中に現地より、全員無事の情報が入る

とくダネで電話インタビューに応えたバリの別のインストラクターさんが現地のレスキューから残り2人の救出が始まったと話し、スタジオ騒然。「あれ?知らないの?」みたいな体だった。

え?!え!行方不明ダイバー残りの2名も見つかったような情報が現地では入ってきてるって。とくダネ!の電話取材に答えてる人が今言ってた!

◎18日昼 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版の情報からも生存が確認されていた…

まだ救出されていなかった2人についても生存が確認された。救助隊は小さな島の断崖から2人の救出を試みている。

警察当局は「2人は、他の5人が発見された地点から東へ1キロほど離れた場所で、地元の漁師によって17日遅くに発見された」と述べた。

◎生存確認も捜査の難航か…

バリ島南部サヌール付近スランガンで日本人とみられる女性1人の遺体を発見したと明らかにした。身元の確認を急いでいる。

◎17日、5人の発見に浜辺周辺には歓声が響き渡った!!

発見したのは事故当初から有志で懸命に捜索に当たった地元の日本人やインドネシア人のダイバーら。発見の一報が伝わると、捜索拠点となったバリ島南部サヌール・スマワンの浜辺周辺には歓声が響き渡った。

◎事故が起きたのは、発見の3日前

バリ島の南東沖にあるレンボンガン島付近でスキューバダイビングをしていた日本人女性7人が14日午後、行方不明になった。

午後1時ごろから3回目のダイビングを開始。予定時刻を過ぎても浮上せず、周辺を捜しても見つからなかったため、船で待っていた船長が同日夕、イエロースクーバを通じて地元の水上警察などに連絡したという。

◎潮に流されながら潜水する「ドリフトダイビング」

Photo by Comstock / Stockbyte

普通のボートダイビングの場合、ある一点にアンカリングし、そこをスタート地点にしてダイビングを行うので、ダイビング終了時にはどうしてもスタート地点に戻る必要がありますが、ドリフトダイビングだとそうした面倒がありません。

◎「ドリフトダイビング」は中・上級者向け

潮の上手からエントリーしてポイントまで流れに乗って潜降し、ポイントで十分遊んだあと下手へ流されながら浮上していき、浮上した後はダイバーの泡を見ながら追跡してきたボートへエキジットという段取りです。

◎慣れてしまえば、海中スライダーの気分

ビルのように見上げる程の巨大な根と根の間を、吐いた泡を見ることもなく潮の赴くままに流されながら大移動。

普通に泳いでいたのでは見られないような地形の変化や、回遊魚たちに遭遇できる確率も高くなる。

◎油断すると 事故につながる危険性もあります

1 2 3




syatohanさん

このまとめに参加する



公式まとめ