1. まとめトップ

ANA全日空 の CM が「人種差別」とクレーム→ バカリズム 干される??

ANAのCMが自粛になるそうです。人権団体にクレームされたとか。この煽りを受けてバカリズムが干されないことを祈ります。

更新日: 2014年01月21日

ハリマ0さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 7196 view
お気に入り追加

日本の主要航空 全日空ANA

そんな中、あるCMが物議を醸してます

全日空(All Nippon Airways、ANA)は20日、先週末から放映が始まった同社の新テレビコマーシャル(CM)に対し、外国人をステレオタイプ化していて人種差別的だとの苦情が寄せられていることを明らかにした

ANA CM 西島秀俊 バカリズム「羽田国際線大増便!」篇

3月から東京・羽田空港(Haneda Airport)発着のANA国際線が増便されることをアピールする30秒間のCMで、18日から放映中。
ANAのパイロット制服を着た俳優の西島秀俊さんとお笑いタレントのバカリズムさんの2人が、国際線航空会社としてのANAのイメージアップについて英語で会話している内容だ。

問題はこの場面

「日本人のイメージ、変えちゃおうぜ」と西島さんが言い、バカリズムさんが「もちろん」と応じるのだが、
このときバカリズムさんの見た目は、金髪のかつらと高さを強調したゴム製のおもちゃの鼻を付けた姿に変わっている。

コントでよく見る風景…

日本人の外国人はというイメージが差別だと物議

金髪に青い目、高い鼻といった多くの日本人が抱く魅力的な白人の典型的イメージを象徴したものだ。

「たった今、ANAの新しいCMを見ました。本気なの?ANAはこれが問題ないと思っているんですか!?」

「もし、あなたが外国人で日本への旅行を計画しているなら、ANAのように公然と人種差別をする航空会社を使っては駄目。日本でのCMを見て」
都内在住の外国出身者

ANAはこうコメント

ANA広報は20日、AFPの取材に、外国人を中心に新CMへの苦情が寄せられていることを認め、不快感を与えたことについて個別に謝罪すると共に、問題提起に対し謝意を伝えていると述べた。

全日空は近く内容を差し替え、あらためて放送するとしている。

放送を取りやめたことが20日、分かった

日本人のイメージでまだこう思われてるのと同じってこと??

まだちょんまげに着物と刀所持だとおもわれてる・・ことはないよね??

あと、日本のサラリーマンってこういうイメージで映画つくられてた時期も

外国からみた日本

(1)強烈な群れ意識。命令に忠実に従うという習性がある。管理しやすい反面、邪悪な勢力が力を握ると大変なことに。第二次大戦の対外侵略行為がこの典型的な例。
(2)個人と個人の関係は不思議なほど誠実。無人の野菜販売所が存在する。日本では失くし物をしても慌てる必要はない。拾った人が最寄りの警察に届けてくれている場合がほとんどだ。
(3)完璧主義。秩序をきちんと守る。観光地で旗を振るガイドに黙々と並んで付いていく一群をみかけたら、それは絶対に日本人だ。トイレの清潔さは天下一品。良いホテルにはすべて自動の“高級”水洗トイレが備わっている。
(4)手作業が好き
(5)チームワークに優れている、家族式管理を好む
(6)外来のモノには開放的だが、外来の人には排他的。
(7)イデオロギーが薄弱。特に政治面に顕著にあらわれている。自民党と民主党という2大政党も執政理念はそれほど変わらない。
(8)情緒的、好戦的。中国侵略戦争が拡大にするにつれ、収拾がつかなくなり、最終的に南京大虐殺という惨劇を生み出してしまった。
(9)外交、経済政策における戦略思考の欠如。日本の外交は原則がなく、典型的な日和見主義。短絡的な経済政策が「失われた10年」に陥った主な原因だ。
(10)合理主義の欠如。義務教育のシステムはしっかりしているが、大学教育はかなり平凡。そのため、真に独立した思考を持つ知識人が少ない。
(11)中央政府の力が弱く、派閥争いが目立つ。
(12)道徳倫理の根本は「恥」の重視で、「罪」の重視ではない。
(13)法律が好きではない。裁判に訴えるより、私的に話し合いで解決することを好む。
(14)特殊性を好み、普遍性を嫌う。中国も日本も封建社会を経験しているが、中国の封建社会には多くの原則があるのに対し、日本には実践のみ普遍的な原則に欠けている。

この騒動、何故か弱いところにしわ寄せ・・でバカリズムが干されなきゃいいんだけど

1 2




[画像あり] 矢口真里 が ミヤネ屋 で遂に語った!「ロンブー淳に感謝してる」ピストン矢口
http://matome.naver.jp/odai/2141404027655971701



  • 2014年をまとめてみた