1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

「人付き合い疲れた」消える前にやりたいネット人間関係の断捨離

SNSやネトゲなどが身近にある昨今ネット上での人付き合いが自然と増える。友達作りが簡単なメリットの裏で、関係の希薄さや、疲れた・面倒だなどの不快さを感じる人は多い。ネット友達が突然音信不通になり悩む人も居る。有意義な人生を送る為の人間関係の断捨離はネット上でも必要と感じる。

更新日: 2014年01月22日

sugaya2013さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
944 お気に入り 231756 view
お気に入り追加

「なんとなく」のお付き合いが増えている

最近、簡単にコミュニケーションが取れるような環境が整ってきたせいか、本当に必要な人よりも、「何となく惰性で付き合っている」人の数が増えている、と感じる人が多いそうです。

仕事でもプライベートでも、人脈は重要なもの。だが、「ただの知り合い」ばかり増やすことは、プラスになるとは限らない。

知り合いが多いと安心する?

ドライに聞こえるかもしれませんが、誰かと関係を築くということは、つまり自分の時間を失うということです。

メールや電話を無視するのは難しいし、多くの“知り合い”と表面上の関係を維持するだけでも、かなりの時間を使う。結果として得られるのは、“自分は知り合いが多い”という安心感だけ、ということになります

「SNS上の友達が少ない人=コミュニケーションが苦手な人=ダメな人」という共通認識も若者間であるのだろうし、恐らく友達を減らすという選択をする人はあまり多くなく、「相手との関係が切れること」に恐れながらコミュニケーションを続ける人が多数派なのではないかと思う。

社交が人間関係を希薄にしている

出会った人には必ず一度連絡する、あるいはフェイスブックの「友達申請」をする、というマメさが人間的魅力につながっている人もいる。しかし、「社交」に力を入れすぎることで、かえって人間関係を希薄にしてはいないか

人脈を広げる努力をしているうちに、“本当に大事な人”とコミュニケーションをする時間が減り、結果として“なんとなく出会った人”と同列に扱ってしまう……ということにもなりかねません。これでは、“知り合い”は増えても、“生きた人脈”を作っているとは言いがたい

人付き合いに疲れたら人間関係を整理すべし

ネットで付き合いを止める場合はどうするかというと、これもまた非常に簡単な方法で分かれることができます。Twitterではリムーブやブロックと言う形でシステムに実装されていますし、あるいは全ての人間関係を止めたければそのアカウントを削除したり、サービスから退会することで可能になります。そして、多くは他の誰かに迷惑をかけると言うことも無かったりします。

SNSに振り回されないためには『ネットに割く時間を制限する』『知り合い以外は承認・フォローしない』『律儀に全員に対応するのをやめる』など、自分にとってベストな使い方を見つけることが重要です

整理の仕方は…好きか嫌いかでOK!

「好きか嫌いか」「心が通じるかどうか」でいいそうだ。身近に気の合う相手がいない人は、SNSを活用して、自分と同じマニアックな趣味を持っている人、憧れの土地で暮らしている人、同じ目標や悩みを抱えている人などとつながればいい。“ただの顔見知り”よりも、よほど深いコミュニケーションができるはずだ。

まず整理したいのは、傷ついたり、疲れることが多い相手。また、『古い知り合いだから』『同級生だから』『元同僚だから』というだけで付き合っている相手や、SNSで『断りにくいから』と消極的につながっている相手との関係でも、小さなストレスがたまっていくはず。

ネットの人付き合いは気軽さ故に残酷である

ネットではそのシステムの仕組み上、付き合いを開始するのも簡単であれば、その逆の人間関係を切ることさえも、あまりに簡単に出来たりします。

ネット上の付き合いと別れが非常にシンプルなのは、リアルでの付き合いのようなわずらわしさがないと言う面では優れている面もある一方、非常に残酷なシステムでもあると思うわけです。
何か気まずい関係になれば一方的にその関係を終らせることが出来ます。

ネットで仲良くなった奴ってふと消えたりするよな
結構寂しいもんだね

一時期毎日のように絡んでた人だって、なにかのきっかけでまったく絡まなくなるし
時間の経過って残酷だよな、そういうのさみしいー

突然消えるのはダメ 徐々にフェードアウトすべし

ただし離れたいからといって、態度を急変させるのはNG。
「いきなり関係を絶つのではなく徐々に距離を置くことで、無用なトラブルを避けられます」

ネット上といっても、人間関係に対する考え方は実社会とあまり変わりません。ストレスになる相手には自分からのコメントや返信を控えて、少しずつ距離を置きましょう。

・離れたい人にはコメントしないか、しても最低限にする
・コメントの数や友人の数に一喜一憂しない
・画面を見る時間自体を減らしていく

割り切ろう、ネットの人間関係は「新しい人間関係」

ネット上で行われるような単純な付き合いと単純な永遠の別れと言うのは、新しい人間関係なのかもしれません。人付き合いなんて、一生のうちでそう多くの人と出来るものではありませんし、そのシーンごとに必要な人と強くかかわっていくことの方が多くのメリットを受けられるでしょう。そして、その付き合いと終わりはきわめてシンプルに行えます。

1 2





sugaya2013さん

かわいいもの、オシャレなもの、気になったことや、役立つかも?な情報をまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう