1. まとめトップ

これぞプロ!!結婚式の写真撮影、凄腕カメラマンたち

一生残る、一生に一度の結婚式の写真。実はその出来栄えに後悔している先輩花嫁さんが多いことを知っていますか?ご安心を、たった一枚の写真で、結婚式を挙げる人たちの思いや新郎新婦の愛のカタチを反映させられる「凄腕カメラマン」はいます!あなたにとっての凄腕カメラマンを見つけて、素敵な写真を残しましょう!

更新日: 2016年08月20日

82 お気に入り 132684 view
お気に入り追加

結婚式の写真撮影、意外と後悔している先輩花嫁さんが多いことを知っていますか?

一生残るもの、「もっとしっかり考えておけば良かった」という声があるのは紛れもない事実。

結婚式の後悔ポイント第一位は「写真」

結婚式は準備も当日もハプニングの連続。それもいい思い出ではあるのですが・・・

やり直しの出来ない結婚式。

時間をかけて準備をしたもの。余計なシーンなどひとつもない!

結婚式はやり直しがききません。
だからこそ、その一瞬一瞬がとても大事な時間になります。
せっかくこだわったネイルの写真を取り忘れた・・・
ドレスのバックショットを撮ってもらいたかった・・・
あとあと気が付いてももう撮り直すことは出来ないんです。

そして結婚式にお金をかけすぎたことに後悔する人も多い

おめでたいことだから・・・と値段交渉出来なかったり、プランナーさんの提案を断れなかった人も多い。

なぜあんなに散財してしまったのか、と思う。親族からのお祝いが数百万あったのだから、もっと節約すればかなり貯蓄が増えていたはず……楽しかったから良かったんだけど、もったいなかった

後悔してももう戻ってはこない多額のお金・・・

アルバムに30万円以上払ったのに・・・式場に慣れていると聞いていたのに・・・それなのにこのレベルなの??と思ったカップルも多いようで・・

カメラマン。本当にプロなの?っていうくらい目をつぶってる写真ばっかり!!!
何の気なしに写したものならまだしも、ゲストテーブルを回って撮った集合写真が半目かつぶってるものばかり…

嘆いても戻ってこないから諦めてるけど、あれだけのお金を払ってこれかぁって気分。

結婚式場にお願いするカメラマン、期待してしまいがち。

結婚式のカメラマンの撮影した写真が素人以下でとてもショックでした。
この場合、どういった対応をしていただけるのでしょうか。
また、式場側にどの程度であれば要求できるのでしょうか?

当日母とのツーショットや、家族だけの写真が撮れなかったんです。
カメラマンには特にお願いしなくても、撮ってくれるものだと思っていたのが間違いでした。

なぜこのような後悔の声が上がってしまうのか。

▽低価格競争ゆえの結果

やすかろうわるかろう・・・

近年の低価格競争の際、業界の写真のクオリティー自体が下がっており、「安かろう悪かろう」状態になりつつあります。

カメラマンがアルバイトだった・・・なんてことも。

その事実はもちろん教えてくれない。

カメラマンは式場に出入りしている業者に在籍している人の中から勝手に選ばれます。
実際に撮影するカメラマンとは、当日まで会うことが出来ないのが一般的です。
極端ですが、たまたまその日初めて撮影デビューのカメラマンに当たることだってある

その日初めて式場で撮影するというアルバイトや経験のないカメラマンが撮る場合も

その金額の高さ・・・

目玉が思わず飛び出そうになるその金額の高さ!

この品質でこの値段はありえない!!

式場のカメラマンが異様に高すぎるというのと、当日の撮って出しのエンドロールが式場だと法外に高い

カメラマンの日当は、支払った金額の1割ほどしかなく、多くが式場・撮影業者側の中間料(マージン)として取られるのが実情です。外部カメラマン持ち込みは、式場側や撮影請負業者への中間料(マージン)が発生しないため、比較的、価格が安くなる傾向にあります。

1 2 3 4





naomi19853927さん

みんなのためになる知識を提供できるように、日々奮闘しております!
時事ネタや結婚式やダイエットのことを書いています。



  • 話題の動画をまとめよう