1. まとめトップ

都知事 舛添要一が優先推奨し公明党が推進 【子宮頸がんワクチンまとめ】

全身の痛みや麻痺など、重篤な副作用の報告が相次ぐ子宮頸がんワクチン。私自身娘を持つ母親として、色々な方の情報を参考にしながら勉強し、まとめました。

更新日: 2014年02月10日

fuyafuyayaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 43423 view
お気に入り追加

「子宮頸がん」とは?

「子宮頸がん」とは、子宮の出口付近である子宮頸部(しきゅうけいぶ)にできるがんです。子宮の中にできる「子宮体がん」と異なります。
 子宮頸がんは遺伝に関係なく、原因のほぼ100%は、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの感染によって起きるとされています。多くの場合、このウイルスは性交渉によって人から人へ感染するとされ、中でも発がん性のあるHPVには、女性の約80%が一生に一度は感染していると推定されます。このため、性交渉経験のあるすべての女性が子宮頸がんになる可能性を持っているとされています。
 子宮頸がんは、近年、20代後半から30代の女性に急増し、発症率が増加傾向にあります。現在では、がんによる死亡原因の第3位で、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位。特に20代から30代の女性においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。
(出典:http://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html

「子宮頸がんワクチン」とは?

子宮頸がんワクチンには「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類があります。
予防接種は10歳以上(セクシャルデビュー前)の女性が対象で、3回接種します。
どのワクチンを接種するのかは保護者にゆだねられており、
子宮頸がんのみ予防できればいい場合は、サーバリックスを選択される方が多いです。
(医療機関によって選択できないところもあるようです。)

そのサーバリックスを接種した女児に重篤な副作用が発生しています。

舛添氏が厚労大臣を務めていた期間に、ワクチンの導入が決定

「他のものより優先させて承認していきたい」との舛添氏の発言。一方この審議会では、委員の一人だった神山美智子氏が、サーバリックスの承認は「時期尚早」であると明確に反論を述べている。

大臣のコメントは、「検診は予算がついたが、実際に検診を受けていただくには、皆さんのような団体の啓発活動に期待しています」「ワクチンは優先して承認できるよう取り組みます」と大変心強いお言葉、エールをいただきました。

公明党も、ワクチンを推進

子宮頸がんワクチンの導入に向けて、ワクチンの必要性を主張し、全国各地で署名活動を行うなど、政府にワクチンの導入を強く働きかけてきた

「子宮頸がんワクチン」の接種、はじまる

2010年に国の助成が始まり、予防接種法改正で2013年4月に定期接種になったばかり。小学6年~高校1年の女子が対象で、父母らから安全性をめぐり懸念の声が出ていた。これまで推計328万人に接種され、1968件の副作用が報告されている。

接種後、異常を訴える報告が続出

被害者の方が、勇気を出して公開して下さった動画です。涙が出てしまいました。

殺人ワクチンで製薬利権に殺される!助かる道は接種拒否しかない。 @toshi2133 子宮頸がんワクチン接種後、一日半でお亡くなりになりました。副反応が出ると因果関係がわからないで片付けられます。元気だったからワクチンを接種したのです。pic.twitter.com/YlBedgsZJH

家族の苦しみ、悲痛な叫び

さまざまな症状に苦しめられているのに、検査をしてもどこにも異常が見つからず、ワクチンが原因だと思う、と訴えても、それを医者が認めようとしないケースも非常に多い。無理解な医者に、「心の病だ」「学校に行きたくないからでしょう」「入院するなら精神科ですね」などといわれ、精神的にも傷つけられ、二重に苦しんでいる被害者もたくさんいる。

ホタテのお友達が家に来た「来週は調理実習があるの。一階で授業だからホタテは来れるかなぁ?って、みんな待ってるよ」と声かけ。 「車ないと学校まで行けないよ」と答えるホタテ。 子宮頸がんワクチン接種しなければ、普通に登校し普通に教室に上がれたのに… ホタテを待ってくれるお友達。感謝。

子宮頸がんワクチンを接種してから、いろいろな症状がある。去年よりも今年の方が悪化しているように感じる。去年からの症状が悪化したのではなく、新しい症状が酷いと感じる。本人も辛いけど家族も辛い。明日は少しでも良いといいなと思う。少しでも前に進みたい。

娘が今日も倒れた。気を失う子どもを見るつにけ、どうしてこうなるのかと悲しみにくれる。治って欲しい。心から。子宮頸がんワクチンを接種してから2年3ヶ月。推進する医療関係者は、「専門家に診てもらえ」で全て解決したかのような口ぶり。勧めるだけ勧めてあとは知らぬ存ぜぬ。無責任すぎる。

1 2 3 4





fuyafuyayaさん



  • 話題の動画をまとめよう