1. まとめトップ
  2. 雑学

明晰夢とは

Photo by David De Lossy / Digital Vision

明晰夢とは、睡眠中にみる夢のうち、自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことである。

明晰夢の経験者はしばしば、夢の状況を自分の思い通りに変化させられると語っている。

自分が思い描いたことを夢の中で実行できることから、エンターテイメントのひとつとしても注目されている。

夢を忘れずに覚えておく方法

Photo by Marc Debnam / Digital Vision

夢を記憶するコツは“夢を気にかけること”です。

夢を見たいと強く思っていれば、朝起きた時に自然と夢を覚える習慣がつきます。

Photo by Jupiterimages / Creatas

もっとも代表的で実行に移しやすいのが、睡眠中に見た夢を起床直後にノートに書き出すというものです。

いわゆる「夢日記」と呼ばれるものを作るということですね。

ここでのポイントは起きてから”即座”に書くということです。ナイトスタンドや枕元に筆記具とノートを準備しておく必要があります。

はじめのうちは眠くてまともな字を書くのすら難しいのですが、頑張って続けることで少しずつ夢を覚えていられる時間が長くなってきるので、朝食を食べてからでもノートは書けるというようになってくるのです。

つまり、夢日記をつける方法を実践すると、短期的視野ではただ単に見た夢のログを残しているにすぎないのですが、長く続けてそれを読み返したりして過去の夢を思い出す習慣をつけることで、結果的に夢を覚えていられる「記憶力」が強くなってくるのです。

夢の中で「これは夢だ」と気付く方法

Photo by Paul Sutherland / Digital Vision

起きてる時も常にこれが夢であることを疑う。

夢と現実を区別する方法を用意しておく。

よく聞く方法は手のひらをじっと見つめるとなんとなく夢だとわかるとか、本を読んで字が読みにくかったら夢だとか、うまく走れなかったら夢だとかそういう方法。

方法が決まったら、とにかくずっと夢か現実か判断するクセをつける。

一つの有効なリアリティチェックとして、こういうのがあります。右手の人差指と中指を左の手のひらを通過させようとして見るのです。現実世界では、指は手のひらを通りぬけずに必ず失敗に終わります。でも夢の中では、指を通そうと思えば90%くらいの確率で通ってしまうのです。

その瞬間、「夢だ!」と気付くのです。

Photo by Ryan McVay / Digital Vision

日ごろから『夢を見ている自分に気づく』と自己暗示をかけるように強く意識していると、レム睡眠時の半覚醒状態を保てるようになってきます。

夢を思い出そうとするモチベーションが高いと明晰夢を見られる確率も高くなるので、見た夢を覚えておくことも重要なんですよ。そのためには、毎日夢日記をつけることですね。

夢をコントロールする方法

Photo by Dynamic Graphics / liquidlibrary

睡眠に入る前にリラックスした状態で見たい夢を想像するのが一般的な技法である。コントロールされた夢の中の体験は現実世界での活動にも影響を与えると言われる。

アメリカ・ニューヨーク州立大学のフレデリック・ベアケランド博士の研究では 入眠前に見たい夢のイメージを連想した場合、 その内容の50%以上が夢に出現したという。

松田講師によれば、睡眠中に受ける外的刺激の中でも、 特に夢の中に反映されやすいのが『音』による刺激だという。

そこで例えば『海辺でデートする夢』を見たい場合、 枕元で波の音を流したり、 海をイメージさせる音楽を聞く事が効果的であるという。

次に効果的な外的刺激は『匂い』であるため、 夏や海をイメージするようなココナッツの香りや マリン系の香水などを使うのも良いという。

1 2





escape33さん

気になった情報をまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう