1. まとめトップ
  2. カラダ

体調が優れない…「風邪をひきそう」と思った時に摂りたい食材

風邪やインフルエンザが流行する季節。「なんとなく体調が悪くて、風邪ひきそう」なんて思うこともありますよね。本格的に風邪をひく前に予防して、心身ともに健康を目指しましょう。風邪をひく前に摂取しておきたい食材をまとめてみました。

更新日: 2016年03月02日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
761 お気に入り 172153 view
お気に入り追加

あれ・・・なんか風邪ひきそうな予感・・・。

寒い…休憩室も寒くて…ほんと風邪ひきそう(´;ω;`)

冬に風邪をひきやすい理由。

冬に風邪をひきやすい理由は、ウイルスが繁殖しやすい条件が整っているからなんだそうです。

風邪の原因は「寝冷え」が大きく関係していることが多い。「寝冷え」とは、文字通り「寝ている間に体が冷える」こと。

ウイルスは「寒さ」と「乾燥」を好むという性質があります。そのため、寒く、空気が乾燥する冬は風邪などのウイルスが繁殖しやすくなる

なんだか身体がおかしい・・・。そのサインに気付いてあげましょう。

なんだか身体がだるくておかしいな・・・そう思った時は身体がサインを出しています。
しっかりと体を休ませることと、風邪をひかないように予防をしましょう。

ふと疲れたな、と感じたときはよく眠ること!疲れているときは免疫力が下がっていて、とても風邪をひきやすい状態になってしまっているので、無理をせず、少しでも多い睡眠を心がけましょう。

体調が悪かったりするのは、心が発するSOSサインのことも多い

ストレスや緊張で、いつも気がピン!と張りつめた状態になっていると、今度は「気滞」という状態が起こって、イライラしやすい、胸や脇腹が張る、ストレスに弱くなる、などの症状が表れ、血のめぐりが悪くなったり、内臓が機能低下を起こす原因にもなります。

本格的に風邪をひいてしまう前に必要なこと。

うがい、手洗いは基本的なことですよね。
風邪をひきそうだな・・・思った時は、免疫力を高めてウイルスを体内に侵入させないことが大切です。

首の後ろを冷やさない、風邪は首の後ろから入ります。

外出時にはマスクをされて帰宅時にはうがいと手洗いを徹底されるということが風邪を予防するためには非常に大きな効果があります。

※食べ物からも上手に補おう!

常に「予防」を意識して、心身ともに健康を目指しましょう!

▼アブラナ科の野菜(チンゲンサイ・ブロッコリー、小松菜など)

他にも大根、キャベツ、カブ、白菜などもアブラナ科の野菜です。
緑の葉物野菜は、免疫力を高めてくれます。

アブラナ科のものは、ビタミン、ミネラルのバランスがよく、風邪の予防も期待できる優良野菜。

アブラナ科のお野菜は、肝臓内の毒素を排除してくれ、肝臓の免疫力アップをサポートしてくれます。

▼ビタミンDを含む魚類(鮭、うなぎ、サバなど)

ビタミンCと思われがちですが、現代人のほとんどは、普段の食事で十分摂れているそうなので、ビタミンDを意識して摂りましょう。

ビタミンDは、急速に劇的な変化を招くものではありませんが、ホルモンのように全身に行きわたり、機能してくれる免疫調整役

ビタミンDを豊富に含む食材としては、イワシや鮭、サンマ、アンコウの肝などの魚類、きくらげや舞茸、干し椎茸などのきのこ類、すじこやいくら、数の子、卵黄などの卵類が挙げられます。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう