1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

夜は何着て寝てる?パジャマで寝ないとキレイになれない!?

夜寝るときの服は、美容に影響を与える?!美容のためにも、健康のためにも、夜はきちんとパジャマに着替えて寝ることが大切のようです。

更新日: 2014年11月08日

mahalo_greenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
670 お気に入り 250608 view
お気に入り追加

◆冬にパジャマを着て寝る人は42.3%

ワコール「睡眠に関するアンケート」2012年2月 インターネットで実地
全国20代~40代男女 1,029名(男性309名 女性720名)

◆パジャマを着て寝ないとキレイになれない?!

部屋着のまま寝てしまう…なんてことをしていると、質の良い睡眠は取れません。大事なのはパジャマに着替えること

パジャマは眠りを改善してカラダの内側からキレイになるための強力なサポーターです。

◆寝る時はパジャマが良い理由

昼間の衣服からパジャマに着がえると「これから眠りの時間に入る」という意識の切り替えが促され、心身が自然に睡眠のモード”へと向かいます。

睡眠においては“入眠儀式”を取り入れることで日々の快眠習慣がつくられます。

快眠の最大ポイントとなるのが“スムーズな寝返り”ですが、パジャマはこの“寝返り”をサポートしてくれる働きがあります。

◆どんなパジャマを選ぶと良い?

パジャマは、綿やシルクのゆったりしたものを選んでください。

肌馴染みがよく、寝具との摩擦が少なくて寝返りが打ちやすいものを選んでください。

温度・湿度の調節をサポートする素材で、寝返りをうっても寝乱れず、またカラダへのしめつけや圧迫感のないものが、よいパジャマの条件

就寝時には寝汗をコップ1杯分かいているため、吸汗性があるパジャマを着用することがとても大事です

手首や足首がきついと、血流を悪くしてしまうので、手首や足首はゆったりしたものを選びましょう。

◆"汗かき"、"冷え性"の方は特に!シルクのパジャマがオススメらしい

シルクのタンパク質成分はヒトの肌のタンパク質に近く、不快感による中途覚醒が起こりにくい

冬は繊維の隙間に熱を保持すると言われているシルク。そのため冬でも温かく、冷え症の人にもおススメ

1





mahalo_greenさん



  • 話題の動画をまとめよう