1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

生で食べるだけじゃない!セロリはとても万能な食材だった

独特な風味が苦手!と食べていない人はもったいない?!セロリは料理に使うとこんなに美味しい野菜だった!

更新日: 2014年01月30日

kazooneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1521 お気に入り 404040 view
お気に入り追加

おそるべし!セロリの効能

原産地の欧州では、古くから万能薬として活用されてきたセロリ。

涼やかで匂いを嗅いだだけで、気が静まる感じがするように、セロリにはイライラ解消の鎮静作用がある。

海外では料理に幅広く使われるセロリ

独特の匂いがあり、好き嫌いが別れやすい『セロリ』。しかし、生では食べれないという人でも、ひと手間加えて調理してみると案外おいしく食べれることが多い。

アメリカではその強い香りが大変好まれており、世界で一番セロリの消費が多い国となっている。

セロリは薬草としての効能もあり、欧米ではサラダだけではなく、スープ煮、いため物、肉の香りづけに幅広く用いられている。

苦手な人でも食べられる!セロリは加熱すると美味しい

セロリは日本だと生食というイメージが強く、生で食べたときの独特の青臭さを嫌う人も多いが、実の所加熱調理に向いた食材。

セロリには独特のクセがあるが、加熱するとなぜかすごくマイルドになり、バターのようなコクを醸し出す。

加熱調理したからといって、セロリの効能が全て消えてしまう訳ではないので、生のセロリが食べられない人にもおすすめ。

葉っぱの部分に「おいしさ」がつまっている!

実はセロリの栄養素は、茎よりも「葉」の方が豊富。ビタミン、ミネラルが多く含まれている。

セロリの香りは葉のほうに多く含まれており、「フタライド類」という物質が主な成分。この成分は熱を加え蒸らすことでおいしさに変わる。

スープに入れるとコクが出ておいしくなる!

セロリの香り成分は、味の深みや持続性、コクをアップさせる効果もあるのでスープにぴったりの食材。

スープに入れるときにはセロリの筋を取り、繊維を断ちきるように横に切る。

スープができたら、鍋の中に葉っぱを入れて10分ほど蒸らすだけで香りとコクがグンと増す。

加熱しておいしいセロリの葉っぱ

細かく刻んで油でいためたあと、しょうゆと酒を加えて煮つめたセロリの葉のつくだ煮、葉と茎を塩ゆでしてごまじょうゆでおひたし代り、あるいは衣をつけて天ぷらに、と最後まで使える。

特にかき揚げは、セロリと気が付かない方もいるほど癖がなくなる。

1 2





kazooneさん

読書と映画で感動を日々発見



  • 話題の動画をまとめよう