1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

無意識に出てしまう!あなたを職場の残念な人にしてしまう「口ぐせ」

職場の 「残念な人」 には口癖があります。ある意味、染み付いた習慣になってしまっているため、無意識にその口癖が出てしまいます。もし自分が使っていたら、言動を改めましょう。

更新日: 2014年03月17日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1231 お気に入り 327896 view
お気に入り追加

▼ 職場の 「残念な人」 には口癖がある

口癖の怖いところは無意識のうちに口を突いて出てしまうところ

残念な人を相手にするのはイライラするし、面倒。しかし、そんな人ともコミュニケーションを取らなければならない場面が職場ではある

もし、自分が使っていたら、自分の言動を改める

人のことばかりを言っていられない。もし、自分が残念な人の口ぐせを多用していると気付いたら、自分の言動を改めた方がよさそうだ

▼ 「でも・・・」 否定的な言葉から始める

相手に 「おもしろくない印象」 を与えてしまう

せっかく楽しみな新商品が出たのだから、まずは良い点を指摘してくれれば自分もお客さんに提案するヒントになるのに、と思う

▼ 「やればできる」「まだ本気出してないだけ」

カッコ悪い自分を、本当の自分ではないと考えることができる

出典残念な人の口ぐせ

倒れる寸前までやってみると自分のエンジンの大きさがわかる

出典残念な人の口ぐせ

うまくいかないこと = 傷つくこと だと考えている

限界までやったことのない人は限界を知って自分が傷つくのが怖い。うまくいかないこと=傷つくこと、だと考え、本気になることを避ける

出典残念な人の口ぐせ

▼ 「あいつ、使えない」 はできない上司がよく使う

『あいつ』と指さした手のうち3本は自分に向かっている」

この言葉は、組織人としての 「敗北宣言」 である

リーダーからのコメントとして、逆にリーダーに対してのメンバーからのコメントとしても聞くことがあります。これは、敗北宣言です

その言葉を出せば、自分の資質・能力が疑われる

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう