1. まとめトップ
  2. おもしろ

モフモフの動物が毛を剃られたらどんな姿をしているのか?

時に動物達は病気や毛の採取などで毛を剃られ普段目にしない姿を晒されてしまいます。地肌を出された動物はどんな姿をしているのでしょうか?画像と共にまとめてみました。※病気の動物も含まれています。

更新日: 2015年02月08日

rainshineさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
113 お気に入り 146617 view
お気に入り追加

ハリネズミ

体は硬く鋭いトゲで覆われている。敵に襲われるとトゲだらけのボールのように丸まり、おいしそうに見えないので、ほとんどの捕食動物は食べるのをあきらめる。

毛が抜け落ちてしまったハリネズミ。
イギリスの野生動物病院で治療中だそうです。

イギリスでも有名な野生動物病院で、年に数千件もの怪我や病気のハリネズミが運ばれて治療を受けているとのことです。

アンゴラウサギ

毛用のウサギ。トルコのアンカラ(アンゴラ)地方原産で,フランスで作り出され,英国でさらに改良された品種。体は中型で毛は長く12~15cmに達し,白色が多い。

中国では現在、5千万匹のアンゴラウサギが飼育されています。世界のアンゴラウール生産量は去年4700トンに上りましたが、うち9割が中国から来ています。しかし、残虐きわまりない毛の採取過程は世界に衝撃を与え、イギリスのアパレル企業35社がすでにアンゴラウールの供給チェーンに対し調査を行い、アンゴラ製品の販売も拒否すると宣言しました。

ハスキー犬

ハスキー犬画像が掲載されたのは中国の画像サイトである。

猛暑下に適切な涼をとらせぬまま放置し続けると、これに耐え切れずに機会があると飼主のもとを捨て、少しでも過ごしやすい環境を求めて家出放浪する個体が散見されるので、充分な注意が必要である。また体質上、換毛期には膨大な脱毛を見せるので、毎日のブラッシングによる手入れやこまめなシャンプーを施すことにより脂漏症等の発生がないよう気を配る。

カピバラ

大人のカピバラは、タワシの様に硬く長く褐色の毛で地肌が見える程度にまばらに生えています。子供のカピバラは、逆に短く軟らかい毛がびっしりと生えています。

クマ

脳外科手術に生き残ったクマ。

チンパンジー

チンパンジーのCinderの体は普通のチンパンジーにあるはずの毛が全く無い。生まれてから全ての毛が無かったという訳では無いらしく、1歳頃から毛が抜け落ち今のような姿になったという。

普段は毛に隠れて筋肉や体の色が見えませんが、毛がないと灰色の体をしているのがよくわかります。 そして何より驚くのが腕の筋肉!!腕の筋力自体は詳しくわかっていませんが、 チンパンジーの握力は300kg~500kg近くと言われています。

パンダ

治療で下半身を剃られたパンダ

実際にパンダやシマウマの毛を剃ってみると、パンダの皮膚はピンクっぽい色で、シマウマは灰色であった。人間も髪の毛は黒いが、肌の色は黒くない。年をとって白髪になっても、皮膚の色は変わらない、それと同じだということである。

パンダの毛が白黒模様な理由については、色々な説がある。はっきりした答えは分かっていない。

・保護色。
・警戒色。
・黒は熱を吸収しやすいのため体の冷えやすい手足や耳が黒い。 
・目の周りは雪のまぶしさを防ぐ。
・ほかの動物に自分の強さを示し怖がらせるため。
・ジャイアントパンダどうしが見つけやすいように。などの説がある。

アルパカ

1 2





動物、自然、音楽、雑学、海外ゴシップ、海外ニュースなど
世界のすごい事、びっくり仰天な事、どうでもいいけどちょっとためになる事などをまとめてます。



  • 話題の動画をまとめよう