1. まとめトップ

毎月1日は丸亀製麺の釜揚げうどんが半額!(並)が140円(特)でも240円に!!!

大手讃岐うどんチェーンの丸亀製麺は、2014年2月1日より全国の店舗で毎月1日に看板メニューの釜揚げうどんを半額で提供すると発表しました。今まで一部地域では実施していたのを全国展開した形です。釜揚げうどんの情報以外にもその他の丸亀製麺のトッピングメニューなどの情報もあつめています。

更新日: 2016年06月23日

ballganiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
91 お気に入り 511073 view
お気に入り追加

■讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺

釜揚げうどんは看板にも載っている

丸亀製麺は、全国のお店すべてに製麺機を置いて小麦粉から“打ちたての麺”を作り、それをその場で茹でて“茹でたての味”を実現しています。なぜなら「新鮮なうどんは感動的においしいから」。これは丸亀製麺の創業者が、讃岐うどんの本場、香川の製麺所で身をもって体験したことです。

■毎月1日は釜揚げうどんが半額に

「釜揚げうどん」は、釜から直接すくいあげたゆでたての麺に、好みでゴマやしょうがを熱い濃いめのつけダシに加えて食べる商品。小麦と塩と水からなる3つの素材だけを使い、添加物などは入らない。

釜揚げ(並) 通常 290円→140円
釜揚げ(大) 通常 390円→190円
釜揚げ(特) 通常 490円→240円

単純に半額にしたら出る端数の5円は値引き
値上げ後もこの日だけは今までと同じに
※1月は1日に営業していないため、後日実施されます。

本日は【釜揚げうどんの日】です。
今日ばかりは これまで通りのお値打ち価格で。
自慢の釜揚げうどんを おなかいっぱい召し上がってくださいね。

釜揚げうどんで一番量の少ない(並)は通常290円で販売
しかし毎月1日は一番量が多い(特)でも240円になりかなりお得に

「釜揚げうどん」一杯1円の寄付で、本年はミャンマーの学校建設を支援しております。今日の一杯が支援の一杯となります。お誘いあわせの上、ぜひどうぞ。

また、丸亀製麺は釜揚げうどん一杯につき1円の寄付を行っています

「本場讃岐の味と雰囲気をそのままに、茹でたてを釜から直接桶へお入れします。もちもちの麺が味わえる丸亀製麺一押しの食べ方です。」

水と塩と国産小麦だけで作る 茹でたてのうどんは、ご家族皆さまが安心して召し上がっていただける お店の看板商品です。ネギや天かす、生姜などの薬味とともに。また、温泉玉子やとろろ、大根おろしなどのトッピングで味変わりにすると、最後まで飽きずに食べて頂けますよ。

※一部自由に取れない店舗もあります

本格的な讃岐うどんのおいしさ、揚げたての天ぷらのおいしさを引き立てる“ご馳走”が丸亀製麺にはあります。それは“薬味”。
ショウガ、青ネギ、天カス、ゴマなど、自由に好きなだけお取りいただく薬味の一つひとつにも、丸亀製麺は真剣にこだわっています。

2015年3月31日時点では
大根おろし 60円
とろろ 70円
明太子 60円
温泉玉子 60円
きつねあげ 130円

丸亀製麺はうどん屋さんですが、「揚げたて」の天ぷらも自慢です。人気の順番は、1位「野菜かき揚げ」、2位「かしわ天」、3位「ちくわ天」。

1 うどんを注文する
2 うどんを受け取る
3 天ぷらなどを選ぶ
4 会計する
5 薬味などを取る
6 席で食べる
7 食器を返却口に返す

※2015年3月25日からうどんの品質向上と値上げが実施されています
釜揚げ(並) 280円→290円
釜揚げ(大) 380円→390円
釜揚げ(特) 480円→490円

株式会社トリドール(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:粟田貴也)が展開する讃岐うどん専門店「丸亀製麺」において、全国の店舗で毎日の製麺に使用する小麦粉が、麺の美味しさを最大化できるよう、丸亀製麺オリジナルの小麦粉に生まれ変わります。また、味わいと香りが麺と最も合うよう、出汁に新たな素材を追加します。美味しく進化した麺と出汁は、3月下旬より順次、全国の丸亀製麺で展開します。

■1日の丸亀製麺の釜揚げうどん半額に関するTwitterの反応

自分も1日の昼過ぎに行った事がありますが、やはり普段よりかなり混雑していました。
当然かもしれませんが殆どの客が釜揚げうどんを頼んでいます。

やっぱりホットケーキじゃ足りなくて丸亀製麺へ(笑)初丸亀製麺!今日は釜揚げうどんが半額と聞いて! 美味しかった♪揚げたて天ぷらうまうま~(*´□`*) pic.twitter.com/BpMRbGUrnO

1 2





ニュース、ガジェット、野球、アニメ、ゲームなどについて見やすく分かりやすくまとめていきたいと思います。@matomeballgani



  • 話題の動画をまとめよう