1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

信じられない! ゾウが描いた絵が目を疑うレベル

高い知能を持つことで知られる象ですが、彼らが描く「絵」のあまりのレベルの高さに驚きました。

更新日: 2015年02月11日

1410 お気に入り 561062 view
お気に入り追加

信じられない、ゾウが描くセンス抜群の絵

色を使い分け、文字(自分の名前)まで書いている…!!!!

これもSUDAの絵。絵を描けるだけでも驚きなのに、色使いや配置のセンスの良さにも脱帽です!

花の絵。センス良すぎっw
アーティストはSrisayamという名のゾウのようです。

どう見ても本当に描いています。正真正銘、ホンモノです。

絵を描くゾウさんのいるのは、チェンマイから1時間程のメーサー・エレファントキャンプというところ

タイのチェンマイにある、象の調教や保護までを担うキャンプ「メーサーエレファントキャンプ」で、象によるお絵描きショーを観ることができるようです。

タイのチェンマイでは象が絵を描く芸が披露されている。日本でも市原ぞうの国の「ゆめ花」が絵や文字を書くことで知られている

日本にも絵を描くゾウがいます。下がその動画。

千葉県の「市原ぞうの国」のゾウ、ゆめ花ちゃんも凄い絵を描きます。

描いている姿は真剣そのもの。とても集中している様子です

動画を見て頂いても分かりますが、絵を描くことにとても集中しています。しかも、凄く丁寧。

200頭を訓練すると、そのうち4頭くらいが絵を描けるようになるのだそう

芸術の才能が目覚めるのは2%程度なのだとか。

ゾウの能力は実は相当凄いらしい

近年、ゾウには鏡映認知(鏡に写った自身を自身と理解する能力)があることが明らかになった

鏡に写った自分を、「自分」として認知するには高い知能が必要です。

ゾウは、特に訓練を受けなくても人が指で指すとその意味を直ぐに理解する

人が餌の在処などを指で指し示すと、ゾウは直ぐにその意味を理解し、餌を探し始めるのだそうです。
同じことをサルにやっても、サルにはこの指示の意味は分かりません。

象は高い認知能力も持っている。サファリの車の中に乗っているドライバーを見分けて、以前に象の群れに危害を与えるようなことをした人物には、そのずっと後にも攻撃的になることがある

人間の顔を見分けることもできます。

人々が英語やスワヒリ語など、違う言語を話しているのを聞き分けることもできて、像を殺すこともあったマサイ族のことを非常に恐れる

ただし、同じマサイ族でも、ゾウを襲うことのない女性は恐れないそうです。

でも、なぜこんなに上手に絵を描けるの??

もちろん、象が自発的に絵筆を取るわけもなく、絵画は長期間にわたるトレーニングの末に、象が身につけた芸

とはいえ、ゾウがどのようにしてこんな凄い絵を描けるに至ったかは公開されていません。

あれは絵を描くという行為の意味を理解しているのではなく「この場所にこういう風に筆をなすりつける」という行動を順序立てて記憶しているだけなのではないでしょうか

仮にそうなのだとしても、他にこういった芸当ができる動物がいないことを考えると、これだけ複雑な造形を順序立てて正確にこなせる能力は、やはり凄すぎる。

ゾウが花を描く時によく動画を見ていると、花の絵を持ってうろついている人が見える。きっとこれが合図になって、ゾウに「次は花の絵を描く。」というのがわかるのだと思う

これらの意見は、あくまで推測です。本当に象が、自分で思うままに描いているのかも…!

他にも「絵を描く動物」はいますが…

ゾウの絵に比べればまぁ、“微笑ましい” レベルですね…。

1





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!



  • 話題の動画をまとめよう