1. まとめトップ
  2. 雑学

猫の噛みグセがツライ…しつける前に知るべきこと

噛んだら凶暴? いいえ、噛むことには理由があります。しっかりと理由を知って、猫ちゃんの「噛みグセ」を直したいですね。

更新日: 2014年02月11日

セメン斗さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
523 お気に入り 499494 view
お気に入り追加

猫の噛みグセに困ってる人は多い

大事に育てていきたいのですが、手に歯形がつく程噛む癖があるのは困っています。

飼い始めた猫の噛み癖がひどいうえ、反抗的で攻撃的。怒れば怒るほど歯向かって攻撃してきて毎日傷だらけでストレス限界。

本気で噛まれると、手に穴があきます……。

猫の噛み癖どうにかならないだろうか(−_−;) ものすごい甘え猫なのでちょっと構わないと横に来て腕噛んで遊んで〜と言ってくる。 痛いよ(T_T)

本人(猫)は甘えてても、やっぱり強く噛まれたら痛いです。

うちの猫の噛み癖?が酷いからどうしたもんかいのーと思って「猫 噛み癖」でググったら当然のように「私も猫に噛みつきます」的な回答が出て来てびっくりしたんだけどそれが正解なの?

確かにこの方法は、よく聞きますね……。

しつけをする前に知っておくこと

飛び掛かって、噛み付く、天性のハンターである猫の無意識の欲求とも言える。

噛み付くから凶暴というのは過ちです。猫は狩りをする動物。成長期の子猫も狩猟本能を持っています。
とは言え、仕方ないと黙って噛まれていたのでは傷が減りませんから、対策は必要です。

猫が攻撃的になるのは、遊びがエスカレート、体の痛みや恐怖感からの自己防衛、放って置いて欲しい、八つ当たり、縄張り、ストレスなどがある。

本能だけではなく、何かを伝えたいときでもある。

耳の後ろやアゴの下、おでこ、胸、背中、お腹など、撫でられて気持ちよく感じる部分は、猫の急所でもある。

長く触っていたり、少し力が強くなったりすると、危険を感じて攻撃モードになることも。

母猫や兄弟と離れてしまった子猫、つまり遊びの対象がいなくなった子猫は、遊びやじゃれあいの対象は飼い主になる。

親や兄弟とのじゃれあいから身につく社交性……つまり「甘噛み」などの方法を学ぶ場がない。

子猫は飼い主に甘えて指をぺろぺろなめたり、軽く噛んだりする。痛くないので、心地よさも手伝ってされるままにしていると、癖になって成猫になってもやめないことも。

成猫になって噛む力が強くなれば、痛みも相応になります。

噛んだ相手が反撃してこないと確認し愛情を確かめている。「なんで噛むんだ!」などと叱ったり叩いたりすると「自分は愛されていないんだ」と感じてしまう。

甘えたつもりで飼い主に叱られたら、猫も悲しい気持ちになってしまいますね。

噛みついてくるのは「気付いて」の合図かも

遊んで欲しい、お腹がすいた、寝床を作って欲しい、などの願いを叶えて欲しい時かも知れない。

イライラして尻尾をふったり、リラックスしたポーズをとって心を落ち着けてみたり……それでもわかってもらえないと、ガブリなんてことも。
猫なりに気持ちを伝えているんですね。

環境の変化(騒音や家庭環境、地震)などから、感性を通して感じた恐怖や不安が原因となっている。

恐怖や不安による噛みつきの可能性。

急に攻撃的になった場合は、中・老年齢になる頃に甲状腺機能亢進症というホルモンの異常を起こしてしまっている可能性がある。

活発で興奮しやすくなる。少し痩せるという特徴が見られ、腎疾患と間違われやすい。
病院で検査してあげるのがいい。

噛みグセを直すには、とにかく根気が必要!

子猫は生後2~3ヶ月くらいまでは、出来る限り親兄弟と過ごしていることが望ましい。
とは言っても、捨て猫も多いですからね……。

親猫のように「噛み返す」ことは、こちらが猫でないとあまり意味がないとの話もあるようです。

子猫の時、安易に「手」や「指」で遊んでしまい、それが癖になっているケースが多い。遊ぶ時は必ず、オモチャで遊んであげること。

手はオモチャではないと教えてあげるのが吉。撫でたり、マッサージしてあげたり。
焦らすような動きは狩猟本能を呼んでしまいます。

ぬいぐるみや、ゴムのおもちゃなど、子猫が気に入ったものを用意してあげ、手を噛んだらすかさずおもちゃにすりかえる。

子猫は歯がムズムズして噛んでしまうこともしばしば。

子猫は眠くなっても噛み付きたがるそうです。
とにかく人間を「噛む」ことを覚えさせてはいけないんですね。

布団などの下で指を動かすと、大喜びで飛びついたり噛みついたりして遊ぶ。これを覚えさせてしまうと、ただ一緒に寝ているときにもやられてしまう。

猫が喜ぶからとは言え、これが続くと大変。覚えてよい遊びを教えてあげるのが大事。

痛く噛んだら間髪いれずに『痛い!』と言う。遊んでいる最中であれば、遊びを5分くらい中断する。

とにかく根気良く繰り返して覚えさせる。間違っても手を上げたりしてはダメ。人間の手は怖いものだと思ってしまうそうです。

噛む対象のものに、ネコちゃんの嫌いな味や匂い、音などと結びつける経験をさせることが有効。

噛んだときに嫌いな水が霧吹きから出てくる、など。
ただし家族に嫌なことをされたと思わせないようにするため、こっそりと……らしい。

猫が一匹でも遊べるようにオモチャは常に用意。もしエスカレートして手や腕を噛んだ場合は「ダメ!」と指を鼻につけて睨む。

噛まれたらその指を喉の奥に突っ込んだりも(もちろん、やり過ぎないように)。
これもとにかく根気良く! 何度も繰り返し教えることが大切。

1





セメン斗さん

カステラうめえー。まとめ頑張ります!よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう