1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

女子力アップ!カレーうどんを美しく食べる6つの心得。

みんな大好きカレーうどん。しかし、食べ方に注意しないと下品になりがち。夢中で食べた後、意外なところまで飛んでる汁の跡には誰もが覚えがあるはず。必殺!上手に食べる方法をまとめてみた。

更新日: 2014年03月19日

382 お気に入り 97132 view
お気に入り追加

みんな食べ方で困ってる。

街頭で食べづらい料理を聞いてみると、焼き魚や分厚いハンバーガー、カレーうどんが上位だ。

手強いのがカレーうどんである。スープをあちこち飛ばして、口の周りもカレーだらけ…、まあ、百年の恋も冷めるわな。

美味しいけど困る、飛び汁の原因は?

水たまりにモノを落とした時さながら、重量感のある麺が汁を打ち上げる。エプロンだけでなく、丼の向こうに置いたコップの水の中まで飛び散っていた。

麺をすする勢いとともに麺先が前後左右に揺れ動き、絡んだ汁を飛散させている。紙エプロンに散った黄色い跡は大小合わせて11カ所。

美しく食べるコツ。

心得その1 丼に顔を近づけるべし!

心得その2 麺をほぐすべし!

出典heims-home.blog.so-net.ne.jp

麺をたぐり上げた時、左右の麺の長さが箸を中心にして対称になるのが理想的だそう。麺先がずれるとプルルと揺れる原因になる。

心得その3 秘技送り食べ!

麺先が汁の中につかっていることを確認しながら、小気味よくズズズとすする。

『送り食べ』です。麺の途中を箸で押さえて麺が踊らないようにサポートするんです。

箸を下に平行移動した。再度すすり、箸のスライドを繰り返す。

心得その4 レンゲを使うべし!

麺先が見えたら、先端をレンゲでそっとすくい口元に運ぶ。「麺を常に箸で支えることが肝心」

心得その5 レンゲ無しなら「輪っか食べ」をすべし!

1 2





絵を描くことが好きなおばさん。
風の吹くまま、気の向くまま、アンテナに引っかかったことをまとめてみますよ。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう