1. まとめトップ

【ネットの噂】佐村河内守さんの内部情報を流出させたネットの書き込みまとめ ゴーストライター

※ネットの書き込みなので信憑性に乏しいですが参考程度に

更新日: 2014年02月10日

38 お気に入り 486186 view
お気に入り追加

障碍者手帳(TBS金スマ)

4歳で母親がピアノの厳格な英才教育を始める。その他、幼少からヴァイオリン、尺八、マリンバなどを習う。
5歳で「マリンバのためのソナチネ<無の弾劾>Op.1」を作曲。
小学校(広島市立五日市南小学校)4年生でベートーヴェンのピアノソナタやバッハを弾きこなす。
10歳のとき「もう教えることはない」と母親から告げられて作曲家を志望。

広島生まれの被爆二世で「全聾の作曲家」として知られる佐村河内守氏(50)が、
実際は自分で作曲をしていなかったことがわかった。

桐朋学園大学作曲専攻で非常勤講師を務める新垣隆氏(43)が週刊文春の取材に応じ、
佐村河内氏のゴーストライターをしていたことを明かした。

佐村河内氏の代表作とされる『交響曲第一番HIROSHIMA』や、フィギュアスケートの
髙橋大輔選手がソチ五輪のショートプログラムで使用する曲『ヴァイオリンのための
ソナチネ』も、新垣氏が作った楽曲だった。

新垣氏はこう語った。
「公表するべきか逡巡しましたが、やはり事実を明らかにして自分もお詫びしなければならない
と思い至りました。このまま事実を伏せ続ければ、五輪という大きな舞台までもが佐村河内氏の
虚構を強化する材料にされてしまうのではないか、と」

また、昨年3月に放送されたNHKスペシャル『魂の旋律~音を失った作曲家』では、佐村河内氏が
東日本大震災の被災地を訪ね、津波で母親を失った少女のために『ピアノのためのレクイエム』
を作曲する様子を密着取材したが、この曲も佐村河内氏の指示で新垣氏が作曲したものだった。
番組では、佐村河内氏は「全聾」ながらも「絶対音感」を持つ「現代のベートーベン」と紹介された。
新垣氏は近く会見で謝罪する。

突如してネット上に現れた内部情報を知る?人の書き込み(2月5日)

明日午後2時にニューオータニでこの記事に関する会見を開くよ。
でもこいつは理由を付けて逃げるかもしれない。

ちなみに楽曲提供をしていたのは某音大の先生。
何曲か提供して佐村河内の耳の詐病と胡散臭い売り方を恐れて縁を切りたがっていたけど、
佐村河内が音大の職を失わせてやるとの脅迫を行ってゴーストライターを続けさせていた。

佐村河内は売れないロックボーカルなので楽譜の読み書きすらできない。
勿論作曲なんかしてない。

全部ゴースト。
そのうちの多くの作品は某音大先生。

>>832
今のところ考えられるのは詐欺罪、障害者福祉法違反、強要罪、脅迫罪かな。

聴覚障害が一番詐病(さびょう)しやすいんだって。
聴覚検査でスピーカーから出るうるさい音を我慢すれば
誰でも取れちゃうんだってさ。
だからチンピラやくざが生活保護を受けようとするときに
聴覚障害で障害者手帳を取得するのが入り口なんだとさ。
この佐村河内(さむらこうじ)もホームレスやってるときに
それを誰かに吹き込まれたんだろうね。

ま、そういう事だけね。
音大の先生はかなり大人しい人だし
佐村河内はそういった弱い人間に付入る所を
本能的に見つけるタイプなんだと思う。
つまり根っからの詐欺師。

誤解させたら悪い。それは謝る。
だけど'08北海道の大量聴覚障害者手帳不正取得の事件は事実だし、
チンピラやくざの世界では難聴の身体障害者手帳取得から
生活保護でぬくぬく生活するのも事実だ。
それとこれは別問題なので区別してもらいたい。

>彼は病気の人や障がい者を冒涜してるとしか言いようがない

私の帰結すべき論点はそこにあると思って書いております。
ゴーストライターの問題ではなく、私もそこが一番許せません。

>>922
被爆二世も嘘です。

>>927
まあNHK含めメディア全てを騙してたでしょうね。
ちなみに佐村河内の妻もかなり怪しい人間です。

「さむらごうち まもる」
だそうです。
けして
「さむら かわちのかみ」
「さむら かわちもり」
ではないようです。

>>34
詐病だそうでう。普通に聞こえるとの事。
聴覚障害者手帳の不正取得が身体障害者福祉法違反で犯罪です。
ゴーストライターの問題よりこちらの障害者に対する冒涜の方が重大と考えます。

一言で言うと「売るには華が無い」ってことです。
そんな人は音大にごろごろいるそうです。
でもって結局売れるのはこの佐村河内みたいに
宗教じみたオカルトじみた奴がのさばるのは
悲しいところですね。

>>175
物理的な復讐を恐れて都内某所で匿っています。
ご本人も音大の名に傷を付けてしまうのを恐れて
ここに至るまで悩み続けていたそうです。
世間が味方になれば逆に評価が上がりそうですが、
そういった意味では情報の流し方が今後の趨勢を
決める気がします。

佐村河内の経歴のほとんどは詐称ですね。
売れないロックバンドとチンピラホームレスをやっていたのは事実とのことですが。
聴覚障害は詐病とのことです。障害者に対する暴挙冒涜だと思います。

前の前のスレで内部情報の一部を流してた者だけど
何かお手伝いすることある?

そうらしいですね。
生まれつき耳が聞こえないのではなく、言語を話せるようになってから重度聴覚障害になると
徐々に言語発音能力が衰えてくるそうです。
自分の発した言葉を脳にフィードバックしにくいので修正できず、ずれて行ってしまうそうです。

>>558
ゴーストライターと佐村河内が直接会話をしていて、
「辞めさせてくれ」「いいやダメだ。音大を追われてもいいのか?」
という感じの会話のやり取りもあるんですが、明日の会見でそれが判ります。

障害者手帳を持っていますよ。
でも詐病つまり病気を詐称する事で取得したものです。
身体障害者福祉法違反で犯罪です。

第三者がいると聞こえない演技をします。
ゴーストライターの先生と話し合いで熱くなると普通にクロストークしてきます。
ちなみに佐村河内の嫁も詐欺の片棒を担いていると言ってもいいです。

ニューオータニで午後2時から。
ゴースト先生が誰かはそこでわかると思います。
まあ音楽自体が気に入ったのならその先生を応援してあげてください。
先の事は解らないので作曲活動が継続できるかは不透明で世間次第だと思います。

脚の弱い振りしているだけですね。
サングラスも伊達(?)で弱視でも何でもないです。
至って健常者。

佐村河内とゴースト先生以外にもう一人の登場人物が現れます。
その人が今回のキーとなります。決して金の分け前でもめたという話ではありません。
明日発売の週刊文春か会見をお待ちください。
(多分ゴースト先生がその点にも触れると思うので)

全部ゴーストライターですよ。
ただゴーストが一人かどうかは情報がありません。
曲を提供してたゴースト先生が会見を開きますので乞うご期待。

以前よりゴースト先生は佐村河内と縁を切りたがっていて、
仲介者が「体調不良を理由に身を引いたら?」と体(てい)の好い
終わらせ方を佐村河内に何度も打診していたが、
売れっ子になり調子に乗っている佐村河内がゴースト先生に
「そういうなら音楽大学に居させなくしてやる」と脅しを掛けた。

で、今回全てを明かして会見を開く旨を伝えたら、佐村河内が「死にます」とか
言うもんだから、一同「勝手に死ねば?」って顔に書いてあるような表情してたw

私もその点が激おこぷんぷん丸です。
ゴーストライターの件はさほど重大ではないと思っています。

>>82
中学時代はワル(しかし三下・どサンピン)
元ロック歌手で能力もなく素行が悪く脱退
ホームレスしてた

これらは本当。
音楽関係や末裔は作り話。

はじめは新垣先生の大学職を追わすと脅し、
会見を開く事を伝えたら「死にます」と言い出すもんだから
周囲一同「勝手に死ねよ」って反応してたw

売れないのはジャスラックがらみですね。
権利者が不明確かつ嫌疑があるので
売る→儲けた印税はどこに行く?
って状態なので。

1 2





海外からのおもしろ画像や時事ネタ ニュースまとめなど
http://blog.livedoor.jp/reer121/
Twitter
https://twitter.com/kinkakuji09



  • 話題の動画をまとめよう