1. まとめトップ

新垣さんとの関係

義手の少女ヴァイオリニストみっくんの教室でこの新垣さんが伴奏をしてた

ここに佐村河内が目をつけ新垣に作曲させテレビに話を持ち込み自分が主役になった

放送終了後 佐村河内が少女の両親にテレビ出演できたことに対する謝礼金を要求

両親が怒り この少女を主題とした児童書を書いていたライターに相談(この人が今回のライター)

ライターが新垣の存在に気付く

説得し会見へ

この「ヴァイオリンのためのソナチネ」については、さらに驚くエピソードがあります。
この曲は佐村河内さんが当時11歳だった義手の少女「みっくん」に捧げた曲で、佐村河内さんと「みっくん」の交流は昨年3月に「Nスペ」、4月に「金スマ」に取り上げられました。
すると、この放送後、佐村河内さんからみっくんの両親に
「お宅は私のお陰で娘がテレビに出られたにもかかわらず、私への感謝の気持ちがなさすぎる」
というメールが届いたんだそう。
みっくんの両親はそれに対し、
「お世話になったことは感謝するが我が家からテレビに出して欲しいと頼んだことは一度もない」
と返信、激怒した佐村河内さんに無理難題をつきつけられ、結果としては佐村河内さんとみっくんの両親は絶縁状態になります。
みっくんが幼稚園の時からヴァイオリンのピアノ伴奏を務めてきた新垣さんは、みっくんの両親からの相談を受け、みっくんの両親に謝罪とともに真実を話します。
実は、週刊文春の記事を書いた方はみっくんについての児童書を書いている方なのですが、みっくんの両親から昨年末相談を受け、そこで初めて知った事実を公表する決心をします。

みっくんとは

千葉県習志野市に住む小学六年生の大久保美来さんは、ヴァイオリンとピアノが得意な、普通の女の子。でも、他の子と少しちがうのは、「先天性四肢障害」という障害で右手のひじから先がないのです。それなのに、どうやってヴァイオリンのコンサートを開けるほどの腕前になったのか―。そこには、両親や周りの人たちの温かいささえと、そしてなにより美来さん自身のがんばりがあったのです。

○みっくんから高橋大輔選手への手紙

高橋大輔様 こんにちは、私は義手でヴァイオリンを弾いています。
4歳からやっていて、毎日練習しています。今、中学1年生です。
 私は小学5年生の春にソナチネを作曲してもらいました。
作曲者については本当の事を知って、私もとても驚いてショックでした。
だけど、本当の作曲者は幼稚園の頃から発表会やコンクールで
伴奏をしていただいている、とても優しい方だったのです。

6年生で全国大会に出たときも伴奏していただきました。
 それでもやっぱりショックだけど、ソナチネは大好きなので、
高橋選手がオリンピックでこの曲を使って演技していただくのが、
とても楽しみです。応援しています。
私もヴァイオリン がんばります

日テレ24時間テレビの企画として浅田真央とも競演

さっきの会見見ててやたらみっくんみっくん言ってるから誰??って思って調べてみたらバイオリンのあの子か! スッキリ

そーいえば義手のヴァイオリニストの女の子・・みっくん・・佐村河内のために四年間かけて片手で作った千羽鶴送ってたじゃん。ほんととんだ裏切り者 #ミヤネ屋

さっきから出てる「みっくん」なる者は、どうも義手のバイオリニストのようだ。#ミヤネ屋

テレ朝の「みっくん」攻めwwwwしつこいなあコイツら

さっきから、みっくんみっくん言ってる記者は何なの。ゴーストさんと直接関係ないだろ

旧知のみっくん(義手のバイオリニスト)の為に書いた曲が「ヴァイオリンのためのソナチネ」。発売されないゲームの音楽も作った事もある。鬼武者に向けて作った曲が『HIROSHIMA』で発表された? #ntv

1 2




海外からのおもしろ画像や時事ネタ ニュースまとめなど
http://blog.livedoor.jp/reer121/
Twitter
https://twitter.com/kinkakuji09



  • 2014年をまとめてみた