1. まとめトップ

ニトロプラスが産んだ「鬱ゲー」沙耶の唄のスマートフォン版4月配信開始!10年の時を超えて・・・

あの18禁鬱ゲー、「沙耶の唄」のスマホ版が出るみたい!

更新日: 2014年04月09日

mokuyokuchanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
23 お気に入り 75746 view
お気に入り追加

あの「鬱ゲー」、沙耶の唄がスマホで遊べるようになる!

2003年12月にPC18禁にてリリースいたしました、シナリオ“虚淵玄”×原画“中央東口”によるサスペンスホラーADV『沙耶の唄』も今年で発売から10年。

スマートフォン版『沙耶の唄』の制作が決定いたしました!

10年目にしてスマホ版リリース決定!
沙耶の唄ファンの方々お待たせしました!

トロプラスの入門作とも言われる本作、まだ未プレイの方はこの機会をお見逃しなく!

楽しみすぎる!

Android版『沙耶の唄』2014年4/17(木)配信開始!

シナリオ“虚淵玄”×原画“中央東口”によるサスペンスホラーADV『沙耶の唄』のAndroid版の配信日が決定いたしました!

ついに4月配信開始!

ビジュアルアーツ公式ゲ―ムアプリマーケット「アニゲマ」にて配信

ダウンロードはこちら!!

「沙耶の唄」とは?どんなゲーム?

『沙耶の唄』(さやのうた)は、2003年12月26日にアダルトゲームブランドのニトロプラスから発売されたアダルトゲーム。

ニトロプラス・アクションシリーズでお馴染みの虚淵玄&中央東口が、今回は得意とするアクション活劇路線は敢えて外し、男女の恋愛物語、そしてアダルトゲームとしてのHCG充実など、新しい作風に挑戦した意欲作。

キャッチコピーは
『――それは、世界を侵す恋。』

沙耶の唄のストーリー(ネタバレなし)

<あらすじ>
爛れてゆく。何もかもが歪み、爛れてゆく。交通事故で生死の境をさまよった匂坂郁紀は、いつしか独り孤独に、悪夢に囚われたまま生きるようになっていた。彼に親しい者たちが異変に気付き、救いの手を差し伸べようにも、そんな友人たちの声は決して郁紀に届かない。 そんな郁紀の前に、一人の謎の少女が現れたとき、彼の狂気は次第に世界を侵蝕しはじめる。

ゲームには、グロテスクな表現があるため、苦手な方は注意です。

医大生の匂坂郁紀は、交通事故に遭い生死の境をさまようが、奇跡的に助かる。しかし、大学に復帰した匂坂は、故意に嫌われる様な言動をとり、自分の周囲から人を遠ざけようとする。友人達は彼を心配するが、匂坂には彼らから差し伸べられる救いの手にすがれない訳があった。

匂坂は交通事故の後遺症で知覚障害を起こしており、すべてのものが異常な姿で見えるようになっていたのだ。街の建物は豚の臓物をぶちまけて塗りたくった様に、人間はおぞましい肉塊に見え、話す言葉は呻き声や金切り声に聞こえ、触れた感触ですら尋常ではなくなっていた。

自分以外の全てが異常で狂いそうになる世界の中で、孤独な入院生活を過ごしていたある日、匂坂の前に沙耶という謎の少女が現れる。沙耶だけはなぜか普通の人間に見え、肉塊のような姿にしか見えない友人たちと違い、触れたときに温かみを感じることもできた。やがて匂坂は沙耶に惹かれ、彼女を自分の家へ招いて、一緒に暮らし始める。

しかし、それは真に訪れる狂気の世界への扉にしか過ぎなかった。

気になる方はゲームを購入するかスマホ版を待ちましょう!

リリースまで待てない!という人は・・・?

『沙耶の唄 Nitro The Best! Vol.2』

2009年7月31日にWindows Vista対応の廉価版があります。
パッケージ版が定価2800円(税別)、ダウンロード版が定価2300円(税別)。

Blu-ray Discゲーム版

2013年2月28日にはBlu-ray Discゲーム版が発売されている。

リンク集

1 2





mokuyokuchanさん


まとめ参加者(0)



  • 話題の動画をまとめよう