1. まとめトップ
  2. カラダ

ちゃんと寝てるのに・・・いくら寝ても眠くなる原因と対策

寝ても寝ても数時間経つと眠くなる、昼になると眠気が襲うなどの症状はありませんか?その原因と対策をまとめました。

更新日: 2015年03月31日

rafaramiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1409 お気に入り 2574798 view
お気に入り追加

寝ても寝ても睡魔が・・・

寝ても寝ても眠い...昼から寝てしまいそうだ(^_^;)

寝ても寝ても眠くて困る。朝起きて眠い。朝ごはん食べたら眠い。昼ごはん食べたら眠い。夕方眠い。夕飯食べたら眠い。夜はもちろん眠い。

寝ても寝ても眠い( ˙-˙ )いつまでも寝てられるんだけどナンダコレ

睡眠時間が十分でも眠いのは睡眠不足?

睡眠不足とは、単に睡眠時間が足りていないということではなく、「質のよい」睡眠時間の不足という意味。

睡眠不足症候群とは、慢性的な睡眠不足なのに本人にその自覚がなく、日中の強い眠気に長期間悩まされる状態です。
誰でも昼食を食べた後の午後の時間帯に多少眠くなることがありますが、睡眠不足症候群の場合、午前中から眠気を感じたり、午後に耐えられないような強い眠気に襲われたりします。

大事なのは時間ではなく、しっかりした質の良い睡眠が大事ということです。

まずは睡眠不足である事を自覚しましょう

長時間寝たり二度寝したりすると逆に眠くなる

必要睡眠時間よりも長すぎる眠りは、浅い眠りをとりすぎてしまうことになり、ぐっすり眠ったという実感が得にくくなります。脳や体の疲れはもう十分とれているのに、まだ眠い気がして寝続けるのは、満腹の後にさらにケーキを食べるようなもので、体内リズムを乱す原因となります

スヌーズボタンを押して二度寝、三度寝をすると、睡眠サイクルが入眠時に戻って眠りがより深くなってしまい、次のアラームが鳴った時の目覚めが更に悪くなる悪循環を引き起こす

二度寝からスッキリ起きることはなく、ボーッとした状態を一日引きずってしまうことになる

寝過ぎや二度寝を防ぐ方法

■眠りが浅い時間に起きる■
睡眠は、浅い眠りと深い眠りが90分サイクルで交互にやってくるため、目覚めの時間を浅い眠りのタイミングに合わせるとスムーズだとされています。

■太陽の光を浴びる■
まず、朝起きると、太陽の光を存分に浴びるために窓際で過ごす。人を眠くさせるメラトニンという物質は光によって分泌量が減るらしい。だから、朝起きたら明るい光を浴びることが大切。明るいところを見ればそれだけで効果があるようで、5分以上光を見れば、睡眠のリズムが安定する。

25時間周期といわれている体内時計をリセットする効果もあります。

■目覚ましはできるだけ離れた所に■
目覚まし時計は、すぐに手に届く場所ではなく、ベッドであったり、布団から出なければ届かない場所に設置しておくのです。
このようにすれば、ベッドや布団から出ていかなければ、音は止まりませんから、二度寝をしてしまうことが少なくなると思います。

もちろん目覚ましの時間は眠りが浅いタイミングで。

睡眠の質を良くするには寝る前の行動も重要

TVやPC、携帯電話から発せられる光はかなり明るいものです。これだけ明るいとどうしても刺激になるので脳が休めません。
またさまざまな情報が目を通して脳に届けられるため、一種の興奮状態にもなります。この状態のままだとなかなか寝つくのは難しいのです。

■対策■
遅くとも就寝1時間前には、テレビやパソコンの電源はオフにしましょう。

食後にすぐベッドへ直行するのは肥満のモトとなるだけでなく、睡眠にも悪影響を与えます。お腹がいっぱいになると、満腹感から副交感神経が優位になり、たしかに眠くなるのですが、それは「質の悪い」睡眠!
寝ている最中も食べ物を消化するために消化器官は活発に働き、眠りが浅くなっているのです。

また女性は生理が原因の可能性も

生理前の2週間くらいの期間、強い眠気を感じる人も珍しくありません。これは、排卵後のホルモンバランスが関わっているとされています。

排卵から生理直前にかけて多く分泌されるのがプロゲステロンですが、この黄体ホルモンは眠気を強くするだけではなく、睡眠の質を低下させるとされています。

1 2





rafaramiさん



  • 話題の動画をまとめよう