1. まとめトップ
  2. 雑学

「建国記念の日」ってあるけど本当に2月11日に日本ができたの?

2月11日は建国記念の日。建国記念なんて言うのだからいつかの2月11日に日本が建国したのかと思ってしまいますが、本当にそうなんでしょうか?

更新日: 2014年02月10日

rafaramiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
158 お気に入り 192471 view
お気に入り追加

建国記念の日とは

2月11日は「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966年に「建国記念の日」に定められました。

神武天皇が即位した日を日本の建国された日として祝うこと(紀元節〔きげんせつ〕)は、戦後占領軍の意向で祝日ではなくなりました。
しかしその後、紀元節を復活させようという動きが高まりました。

歴史学上では神武天皇は実在の人物ではなく「神話」として位置づけられているようです。

「建国記念日」の設置を定める法案は、9回の提出と廃案を繰り返すも、成立には至らなかった。
結局、名称に「の」を挿入した「建国記念の日」として“建国されたという事象そのものを記念する日”であるとも解釈できるようにし、具体的な日付の決定に当たっては各界の有識者から組織される審議会に諮問するなどの修正を行い、社会党も妥協。

そして、1966年に国民の祝日に認められ、翌年から適用されました。

日本の建国はいつ?

Photo by John Foxx / Stockbyte

厳密な「日本」の成立は7世紀後期であり、それまでは「倭国」と呼び記されていた。
倭国がどのような地理的範囲あるいは系統的範囲をもつ集団であるかについては史料に明確にされておらず、多くの学術上の仮説が提出されている。

倭国と日本国との関係は諸説あり、「日本の歴史」と「日本列島の歴史」とを明確に区別して捉えるべきとする考えも示されている。

国家としての日本、又は、日本の文化は、長い年月を経て段階的に形成されて来ていて、明確な建国の時期を示す記録は、存在しない。

Photo by Ryan McVay / Photodisc

日本ができた時期は諸説あり、はっきりと"いつ"かは分からないようです。

日本の建国時期として、このほか「日本」国号が定められた時期(飛鳥浄御原令または大宝律令の成立時期)、大政奉還がなされ近代国家建設が始まった明治維新の時期、ポツダム宣言を受諾して新たな日本建設が始まった時期、サンフランシスコ講和条約を結び主権を回復した時期、などが挙げられることがある。

第二次大戦後に米国に占領され、その後独立したと考えれば、その日が建国記念日になるのでしょうが、占領されていないと事になっており、しがって独立もしていない。

日本という名前の由来は?

Photo by Jason Reed/Ryan McVay / Photodisc

「日本」の表記が定着する以前、日本列島には、中国の王朝から「倭国・倭」と称される国家があった。
『日本書紀』によれば、「ヤマト」の勢力が中心に倭を統一した古代の日本では、漢字の流入と共に「倭」を借字として「ヤマト」と読むようになり、やがて、その「ヤマト」に当てる漢字を「倭」から「日本」に変更し、当初はこれを「ヤマト」と読んだとする。

701年の大宝律令によって正式に「日本」という国名を名乗る事になった。

1400年ほど前、ヤマトの国の聖徳太子が中国に手紙を書きました。この手紙には、まだ日本という言葉はでてきませんでした。しかしヤマトの国ではなく、「日いづるところ」という言葉を使ったのです。
「日いづるところ」というのは、太陽が出るところという意味です。中国から見て東にある日本は、太陽がのぼるところの国ですよという意味だったのです。
この「日いずるところ」が「ひのもと」、そして「日本」というように変わっていったのではないかと考えられています。

ところで、建国記念日ではなく建国記念"の"日なのは何故?

これにはちゃんと理由があるんです。

「建国記念の日」が「建国記念日」ではないのは,史実に基づく建国の日とは関係なく,建国されたという事象そのものを記念する日であるという考えによるもののようです。神道色を薄め,なおかつ建国を祝うための「の」だったのです。

建国記念の日が成立するまでには「日本の正確な起源などわかっていないのに建国記念など定められない」など専門家による多くの議論があったようです。

「記念日」とは、はっきり日付がわかっていて、その日でないとだめなものです。
「記念の日」は、記念して(たとえば)お祝いするために定められた日です。

建国時期が「諸説あり」のうちは建国記念日になることはないようですね。

1





rafaramiさん



  • 話題の動画をまとめよう