1. まとめトップ

最も人気の国家資格、宅建とは?

なぜそんなに人気があるのでしょう。

更新日: 2015年04月15日

periclesさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
389 お気に入り 1407432 view
お気に入り追加

宅建とは

宅建とは略称で、正式名称は「宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)」といいます。

宅地建物取引士資格試験に合格し、都道府県知事の登録を受けて、宅地建物取引士証の交付を受けた者のこと。

宅地建物取引士は不動産の取引に関わるプロフェッショナルです。不動産には様々な法律が関わっているため、その取引では専門的な知識が必要とされます。

日本で最も人気の国家資格

宅建試験は、毎年20万人を超える応募者のある、日本でもっとも人気のある国家資格です。

日本の主要企業で取得が奨励されている資格のベスト3は以下の通りです。

<1位>宅地建物取引士
<2位>社会保険労務士
<3位>中小企業診断士

平均年収が500万円以上と高水準な業界ですが、今後名称が変更し、弁護士や行政書士などと同じ「士業」の仲間入りをすることによって、さらに人気が高まっていくことが予想されます。

宅建のメリット

資格を持っていると毎月資格手当で5千円から5万円程度(これも会社によって幅がありますが)付くところが多いです。

宅地建物の取引を行う業者は事務所1つに対し5人中1人は宅建所有者を設置しなくてはならないと定められています。そのため、企業では宅建所有者を優遇しているところが多くあります。

宅建は業務独占資格

宅建士でなければできない業務(法律上の事務)があります。

土地や建物の売買、仲介を行う際に、宅地建物取引主任者が売主や買主に対し、“重要事項説明”を行わなければ、正式な取引として成立しないと定められているのです。

・契約締結前に、宅地建物取引業者の相手方に対して、重要事項の説明を行うこと
・重要事項説明書(35条書面)への記名・押印をすること
・契約書(37条書面)への記名・押印をすること

生涯役に立つ資格

宅建試験合格は一生モンです!
「宅建取引士証」という免許証は5年に1度の更新が必要です。しかし、宅建試験合格は一生有効なので、1回宅建に合格すれば、自分のスキルとして一生使えるのです。

就職・転職が有利

不動産取引を公正に行うのが目的の資格ですが、民法を扱うためで幅広い分野で評価が高いのです。

金融機関等は融資の際はやはり不動産の知識が必要な事から宅建取得を重視しておりますし、小売業や飲食業等が店舗を出して行くのに不動産の知識が必要になる等、不動産業界だけでなくニーズはあると言えるでしょう。言うまでもなく就職や転職の武器になります。

他資格へステップアップ

宅建は不動産取引の資格だけではありません。
宅建を起点として現代社会を支える多くの専門職へのスタート台となっています。

1 2





節約家。農業、料理、語学、IT、筋トレなど、生きることに密着したテーマが中心。情報の整理に主眼を置いた定番まとめを作成。



  • 話題の動画をまとめよう