1. まとめトップ

モーラステープの副作用・光線過敏症が恐ろしすぎる

整形外科などでよく処方される湿布薬。とてもよく効くのですが実は恐ろしい副作用があるので、使用時使用後に注意が必要です。

更新日: 2015年08月29日

palezioさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
75 お気に入り 867870 view
お気に入り追加

整形外科などで処方されるモーラステープという湿布。すごくよく効きます。しかし、医師の診断と、注意を守ることが非常に重要なお薬です。

整形外科などでよく処方される湿布薬。とてもよく効くのですが実は恐ろしい副作用があるので、使用時使用後に注意が必要です。

光線過敏症(日光が当たった場所がかぶれる)を起こすことがあるので、使用中および使用後も当分の間は、貼ったところを色物の衣服やサポーターなどでおおい、日光にあてないように注意してください。

使用中も使用後も、日光を避け続けるようにしないと、副作用が発生するケースがあるそうです。

たしかに、良く見るとくっきり四角い形になってる。でも、左足側面には貼った覚えがありません。「数か月前、1年とか2年とか前でもその部分に貼ってない?」えっ!1~2年?!そんなの覚えていません。

当分の間というのは、人によって違うかもしれないので注意しましょう。モーラステープを貼ってしまうと、2年間は紫外線に気をつけて生活した方が良さそうです。

数年前でも、出ることがあるんだよねぇ。最近紫外線に浴びた?

ひどい方では、モーラステープを貼っていた腕が2倍くらいに腫れ、手の甲までパンパンになってしまった例もあるくらいです。また、テープを剥がして何カ月もしてから症状が出る方もいますので注意が必要な湿布です。

注意書きにちゃんと紫外線の事書いてありますよね?
本来ならそうなる前にキチンと注意を払うべきでした。

出典ameblo.jp

確認までに、祐徳薬品がモーラステープ20mgの副作用初期症状の可能性があるとしてあげているのは以下のような症状になります。

ショック、アナフィラキシー様症状・・・呼吸困難、蕁麻疹、顔面浮腫
アスピリン喘息・・・喘鳴(ヒューヒュー音)、呼吸困難
接触皮膚炎・・・カユミ、刺激感、紅斑・発疹・発赤
光線過敏症・・・紫外線によるカユミを伴う紅斑、発疹、刺激感

「モーラステープの光線過敏症は知っているので、夜だけにしている」この誤解は多い。むしろ貼付しているときは、それによって紫外線が遮られることが多く、光線過敏症の発症は少ない。

普通の湿布だと思っていると大変なことになってしまう。
「紫外線を避けましょう」と言われたら1年~2年間は避け続けた方がよいかもしれない。

朝からキモくてすんません。わかってるのにやってしまっ光過敏症。リンデロン戦ってます #モーラステープ #アレルギー pic.twitter.com/neidRthMot

水疱できだしたー女の子の日よりも痛くて笑えなさすぎる(^ω^)皮膚炎甘く見てたわ(´•̥̥̥ ·̭ •̥̥̥`)モーラステープ当分使わね pic.twitter.com/zOiUM8W5Z5

右肘のモーラステープにやる光過敏性皮膚炎の患者さん、デルモベート塗布でかなりよくなりました。 pic.twitter.com/jABzWzIUsb

忙しく楽しい年末年始ざましたが 実は 30日辺りから腱鞘炎で処方してもらったモーラステープで光過敏症とかになり両方の手が酷い有り様です!(涙) pic.twitter.com/iX7lUDsVM4

衣服も素材や織りかたによっては紫外線を通す場合があります。紫外線遮蔽性の強い衣服を選ぶか、可能ならば予め紫外線遮蔽性を調べましょう。

■日焼けしやすい服
色・・・白など、薄い色味
素材・・・綿や麻などの素材(紫外線を通しやすい)

■日焼けしにくい服
色・・・黒など、濃い色味
素材・・・ポリエステル、レーヨンなどの素材(紫外線をブロックできる)

妊娠中は使ってはいけない

痛みや炎症を抑える医療用貼り薬「モーラステープ」(一般名ケトプロフェン)を使用した妊婦に、胎児の動脈管収縮や羊水過少症の副作用が5例あった

厚労省は同剤と副作用の因果関係が否定できないとして、モーラステープなど、ケトプロフェンを有効成分として含む貼り薬や塗り薬を製造する久光製薬などに対し、妊娠後期の妊婦は使用しないよう、添付文書の使用上の注意の改訂を指示。久光製薬は「禁忌」の項目に妊娠後期の女性を盛り込むなどの改訂を済ませた。

実は安易な譲渡が行われているモーラステープ

実家からもらってきたモーラステープの効きパないの。作業しよ。

処方箋によって調剤されたもので、これは薬事法でいう「医薬品」からは除外されます。理由は、「処方箋により調剤された薬剤は、特定人の特定の疾病に対してのみ用いられるものであり、一般に流通することのないものであるため」です。

母がごっそり持っていたモーラステープを体中に貼りまくって気持ちええ。一昨日の大移動の影響がまだまだ癒えずである。

体中に貼ったらダメです。お医者様や薬剤師さんは、患部の場所、季節、患者さんの仕事などから紫外線のあたる可能性を考えて処方しています。

身体がボロボロ…ちょっと大袈裟ですけど。でも朝からずっと左手首が痛くてね。マッサージしまくっていたんだけど…やはり痛い。父親からモーラステープをもらい、両肘下に貼りまくる!スースーするよ。

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう