1. まとめトップ

【EPSON】廃インク吸収パットの限界エラーの対処方法

EPSON プリンターで「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました」というエラーが出た時の対処方法です。基本はメーカー修理か、買い替えになります。でも自分で何とかしようとしている人たちもいるんですね~。

更新日: 2014年02月15日

Pome_Shibaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
46 お気に入り 397905 view
お気に入り追加

EPSONに限らずインクジェットプリンターはどんなに大事に使っていてもいつかは廃インクの吸収パットの限界でエラーが出ます。

廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。お買い求めの販売店か修理センターへ、交換をご依頼ください。

「廃インク吸収パッド」とは、クリーニング時や印刷中に排出される廃インクを吸収する部品です。

毎日使う人は2年前後で液晶に下のメッセージが出て、印刷もスキャナーも動作しなくなります。

対処方法1:修理対象の場合はメーカーで部品交換が可能

本エラーメッセージが表示された場合には、お早めにお買い求めいただいた販売店、またはエプソン修理窓口へ「廃インク吸収パッド」の部品交換をご依頼ください。

対処方法2: 新しいプリンターに買いなおす

メーカーに電話しても、「そのプリンターはもうすでにただの粗大ゴミです。新しいプリンター買ってね。」と言われます。

弊社製品の修理対応期間は、製品製造終了後5年までです。(一部機種は6年)お持ちの製品が見つからない場合、修理対応終了している場合があります。

古いプリンターは修理対応も終了しています。
また、修理対応期間中でも、新しく購入した方が安い場合も多いようです。

対処方法3: 自分で何としてみる (カウンターリセット&廃インク除去)

修理対応期間も終了している場合は、自分でなんとかしてみるしかないですね。
その場合は自己責任で「カウンターリセット」と「廃インク除去」を行う必要があります。
(メーカー保障外、自己責任)

インク残量表示のように印刷ドット数をカウントしており一定数に近づくと警告されます
エラーまで表示されると使用することは出来なくなります

まず集計カウントを調整ツールで0にリセットします

EP-801A、EP-901A、EP-901F は、EPSON Adjustment Program という無料のツールで、カウンターをリセットすることができるようです。
EP-×02×以降の機種では、Waste Ink Counter reset utility というソフトの解除キーを有料で購入するとリセットができるらしいです……。

EP-801A は、後ろのネジ1個外すだけでパッドが外れます。

穴の奥にカートリッジの爪が引っ掛かっているので、
マイナスドライバーなどで外します。

廃インクをこぼさないように注意しながらチューブを外しましょう。

【改造上等】 廃インク外部タンク化!

「廃インク吸収パット」がいっぱいになるなら、いっそ外部タンクを自作してしまおうという発想!
ここまでやるとは……、シビレます。

こちらの方も、ツワモノだ……。

関連情報

1





Pome_Shibaさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう