1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

就活生の不安につけ入る悪徳商法がヒドイ

就活って本当につらいですよね。「自分は果たして内定もらえるのだろうか」とか考えるとキリがない!そんな就活生の不安な気持ちを逆手に取った就活商法の被害に遭う人が多いみたい!

更新日: 2014年02月16日

cunateさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
145 お気に入り 330118 view
お気に入り追加

就活って本当につらい・・・

まだ特にまだ役員面接とかしてないけど就活つらい(இ﹏இ`。)

この時間だと、だ〜れも、 おきてないねーーーー(´・_・`) てか就活マジで鬱…… もーーなんにもしたくない。爆笑。 次こそ受かりたいよ〜〜 就活こんなに手こずると思ってなくて 痛い目みてる(;_;)(;_;)なめすぎてた… もぉどこも受かる気しない。爆笑 はぁ。つらい〜〜

就活悩みすぎてつらい( ; ; )自分がどういう仕事に着きたいのかわからなくなってきた( ; ; )

最近、就活うつみたい…なんかもやもやして気分がすっきりしなくて。面接になると緊張して考えていた言葉とか全部すっとんで訳わからないこと言って、面接官⁇⁇みたいな顔されたり、思い通りにいかないなぁ〜(-_-)

そんな就活生の心理を逆手に取る人たちがいる

毎年多くの学生が就活を煽られ、就職できなければ未来は無いといった、学生の不安を利用した悪質なビジネスが横行している

最近は大学のキャリアセンターだけでなく、就職をサポートする塾も数多くできている

学習塾のように就職活動にも塾がある

就活中の学生に「就職に役立つ」とうたって、高額商品や就活塾への入会を強引に迫るトラブルが多発

全国の消費生活センターに寄せられる相談は毎年100件以上にのぼる

具体的な手口はというと

就職活動中の大学生を呼び止めて「就職に関する意識調査を行っています」などと、就職対策を口実に呼び止めるケースが増えている

どのような回答した場合にも最終的に就活塾の勧誘や高額な就活教材を販売する方向に話を進め、結果的に高額な契約を結ぶというもの

「金額も大きいし、親に相談してから決めたい」と伝え契約を断ろうすると「親に甘えた考えを捨てて、自立した大人にならないと」となどと言われる

中には、「契約しないのは甘え」「自分自身から逃げている」と人格を否定されるようなことを言われることも

さらに「契約しなければ就活に勝てない」「他の人はみんなやっている」といった言葉を投げかけ、就活での不安を指摘された学生の中には、そのまま契約に至ってしまうことも

もし万が一、契約してしまったら

仮にそれらしきものと契約してしまった場合でもクーリングオフ制度が存在するため、相手側からの一方的な契約を解除することが可能

このような制度を上手く利用したいですね

国民生活センターは「必要がなければ、きっぱり断ること。契約の取り消しができる場合もあるので、すぐに消費生活センターへ相談してほしい」と呼び掛けている

また、業者は学生に対して家族に相談しないように口止めしているケースが多いので、家族も注意した方がいい

1





cunateさん



  • 話題の動画をまとめよう