1. まとめトップ

百鬼夜行シリーズが熱い!

京極夏彦さんの作品で熱狂的なファンも多い「百鬼夜行シリーズ」。マンガでは志水アキさんが世界観を原作そのままに表現してくれています。

更新日: 2014年02月15日

medotationさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
66 お気に入り 82070 view
お気に入り追加

◆百鬼夜行シリーズって何?◆

人気ミステリー作家、京極夏彦のベストセラー小説。

分厚いので敬遠されがちですが、いざ読み始めたら止まりません。

私は寝るのも忘れて読んでいました!

沢山出ているけど何から手をつけていいのか…と悩まれている方は「姑獲鳥の夏」から読みましょう。

主要キャラクターをはじめサブキャラクターも全員が個性的なのも「百鬼夜行シリーズ」ならでは。

◆登場人物を紹介◆

志水アキさんの漫画バージョンにてご紹介します。
小説を読んでいたときのイメージ通りなので。

本名は中禅寺秋彦。
古書店「京極堂」の店主であり、武蔵晴明社の神主でもある。
また 副業として憑物落としをしている。

「推理をしない」探偵。
旧華族・榎木津財閥の御曹司。眉目秀麗だが躁病の変人。
他人の記憶が視える。

鬱病で対人恐怖症の幻想小説家。

東京警視庁捜査一課の熱血刑事。
榎木津の幼なじみであり関口の戦友でもある。

◆サブキャラクター◆

元神奈川県警の刑事。
ある事件をきっかけに榎木津の助手となる。

「赤井書房」の編集記者。

東京警視庁捜査一課の刑事で木場の部下。

京極堂の妹で大手出版会社「稀譚舎」の編集記者。

「旅荘いさま屋」の釣り堀の番人。
戦時中は榎木津の部下だった。

古物商をしており「なのです」が口癖。

木場・榎木津の共通の友人。
映画製作会社「騎兵隊映画社」で映画作りをしている。

◆各作品ごとの注目人物◆

「姑獲鳥の夏」より登場

「魍魎の匣」より登場

「魍魎の匣」より登場

「狂骨の夢」より登場

漫画が出次第、随時更新していきます。

私的おススメ作品はコレだ!

1 2





medotationさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう