1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

イラストはアナログ派?デジタル派?ふたつの光る魅力

たびたび「アナログvsデジタル」の論争を見かけます。そもそも比べるようなことなんでしょうか? 論争するのではなく、ふたつの良さを見つめたいですね。それぞれの魅力と共通する部分を探してみました。

更新日: 2014年03月03日

プーんさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1156 お気に入り 416520 view
お気に入り追加

絵を描くときに選ぶのは、アナログ?デジタル?

ここで言う「アナログ」とは簡単に言えば、紙やペンといった画材を使って絵を描くこと。

久々にアナログで色塗りしたくなった、ちょっとお絵描きしよ

それでもやっぱアナログ描きが好きな俺・・・時代遅れでもいいじゃない

アナログの魅力に、時代遅れなんてことはないと思います!

【定期】油絵とデジタルで絵描いてます。人物画から二次イラストまで。絵専用アカウント→●BunnytheRed ●→@

どちらも出来るって最強かも知れませんねw

アナログで描く魅力

紙の大きさに制約がないので大きく描いて生で見た時の迫力がある

生でこそ伝わる絵そのものの質感も魅力。

“一点もの感”や“描き手の技量が顕著に出る”

模写があったとしても、まったく同じものは存在しません。まさに一点もの!

柔らかで色だけで見ても魅力的。
アナログだからこそ、生み出すことの出来る色というものもありますね。

アナログの好きなとこは紙や画材を手でさわれるとこやね(^^) デジタルは絵の具とかパステル買いに行かなくていいのがいいね。エコやね。

画材って見てるだけでも楽しいです。
普通の文房具と一緒で、使わないのに買っちゃったりすることもw

アナログの良いところはなんといっても、その描き心地。

エンピツや筆のあの感覚のことですね。キャンバスによっても、描き心地は変わります。

アナログの絵は平面であると同時に「薄い立体」

絵具によって(錯覚ではない)薄い立体となる。生で見たときに味わえる感動のひとつ。

他には、紙とペンは持ち歩きやすくてどこでも気軽に絵を描けるなど、いろいろ。
本格的に塗る作業となるとまた別ですが、風景などを直に目で見てスケッチするには持って来いですね。

道具は簡単に揃えられてひとつひとつの値段が安い。種類が豊富なので、集めたり試したりが楽しい。

100円ショップなどでも手に入ります。

紙を凝視しすぎて目が疲れることはあるが、常時発光しているモニターを見続けているときと比べればいくらかマシな気がする

どちらが疲れるかは、そのものへの慣れもありそうですが、こういったことはアナログとデジタル両方を活用しているひとじゃないと中々わからないことですね。

それじゃ、デジタルの魅力って?

無料お絵描きソフトもあり、インクなど画材の心配がない。

良いものを選べば確かにお金はかかりますが、気軽に描くのであればフリーのものから安価のものまで色々選べます。

高いから良いとは限らず。
安価であっても出来ることは多い!

ゼロから始める為にPCを揃えるなどの準備を考えても、長期的に見ればそれなりに経済的。

どんなに大量に描いても、パソコン以外に場所をとらない。面倒な片付け不要。すぐ始められてすぐ終われる。

PCの容量は必要になりますが、部屋の場所はとりません。

全てがモニターの中でおさまるから、絵の具などで汚れることもありません。

デジタルのいいとこは素材作って出して喜んでもらえるとこです(・ω・)いいんだよ苦手を他人の手で補ったって。プロでもアシスタント使うんだから。その分お前が好きなものを全力で描きなされ。

イラストやホームページに使える素材は各規約の上で多く配布されています。
自分が作ったものを使って貰えたり、使わせて貰ったり出来るのは素敵です。

加工などが手軽にできる。拡大縮小により、かなり細部まで描き込める。

左右を反転してみたり位置を調整してみたり、とにかく便利。

やり直しが綺麗にでき、鉛筆の線が残ったりしない・色塗りを失敗しても途中からやり直せる。

こまめに保存することも大事。

ペンの芯には種類があり、フェルトなどの滑りにくい物から、なめらかなものまでいろいろ。
芯によって描き心地も変わります。

1 2





プーんさん

ゆるキャラあつい。にしこくんのファンですがバリィアタックもくらいたいです。どうぞよろしく。



  • 話題の動画をまとめよう