1. まとめトップ

4月スタート「死神くん」主演を演じる嵐・大野智の衣装が何故”モノトーン”なのかという理由が深い

4月スタートの金曜ナイトドラマ「死神くん」についての記事です。

更新日: 2014年02月18日

sakulove21さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 22701 view
お気に入り追加

▼4月からの新ドラマ金11「死神くん」に大野智の主演が決まった

テレビ朝日系で'14年4月より金曜ナイトドラマ枠にて放送されるドラマが、嵐・大野智主演のドラマ「死神くん」に決定したことが分かった。「ついでにとんちんかん」で知られるえんどコイチの同名漫画を初めてドラマ化したもので、主演を務める大野は'09年1月期に同枠で放送された「歌のおにいさん」以来、テレビ朝日のドラマには5年ぶりの出演となる。

▼「死神くん」は30年前に月刊ジャンプなどに連載された少年マンガ

『死神くん』(しにがみくん)は、えんどコイチによる漫画作品。フレッシュジャンプ、月刊少年ジャンプで連載された。ジャンプコミックス全13巻、愛蔵版及び文庫版全8巻。1983年より連載開始。

▼コミックスの表紙では明るい衣装を着ている「死神くん」

ソフト帽には黄色いアクセント、赤のリボン、紫(黒のときも)のスーツ上に、緑のスラックスと鮮やかだ。

▼しかし大野の衣装は「モノトーン」だ

▼そして実は「未完」の「死神くん」

出典uploda.cc

えんどコイチ氏「思い切って長期休載ということにしておいて下さい」

▼その最終巻の13巻にはこんな言葉が…「再び会う時はモノトーンの服で」

▼製作者が作者の言葉を意識したとすれば、原作を尊重した良質のドラマになりそうだ

・監督

中田秀夫…「クロユリ団地」「リング(シリーズ)」「インシテミル」等

・演出

橋本裕志…「ショムニシリーズ」「熟年離婚」「官僚たちの夏」等

▼現在わかっている分の原作との相違点は以下

・毛はあるようだ

・マンガ版にはない「キメ台詞」がある

【ドラマ版】霊界では死神413号と呼ばれている“死神くん”は、「おめでとうございます! お迎えにあがりました」という、どこがどうおめでたいのか分からない決めゼリフとともに死期の迫った人間の前に現れる。

1






公式まとめ