1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

長期保存できるピザ登場。進化するアメリカの軍用食

兵士が携帯する軍用食にピザが登場するっていかにもアメリカらしいw世界各地で活躍する米軍の戦闘糧食は、とりわけ研究が熱心に進められているらしい。日本でもけっこう試食してる人いるんですね。

更新日: 2014年02月18日

159 お気に入り 149797 view
お気に入り追加

米軍の戦闘糧食にピザが加わるらしい

Photo by Polka Dot Images / Polka Dot

ピザメニューは、これまでも多くの要望が寄せられてたんだとか。これで士気も一気にアガる!?

アメリカ軍が、冷凍せずに常温で3年間の長期保存ができるピザを開発することに成功した

軍人が持ち歩く戦闘糧食に、「ピザ」が新たに加わりそう

パッケージングされた状態の携行用ピザ(実際は透明じゃない)。3年もつってすごいなあ

金属性のフィルムを挟み込んだ特殊パウチで、空気の通過を一切遮断するようになっているそう

通常の製法で作られたピザの場合、水分が問題になっていたが、数年間にわたる開発期間を経て、その問題を解決したとされる

生地やソース、チーズの酸性値を調節することで、バクテリアの繁殖や酸化を抑えているらしい

味はオーブントースターから取り出したばかりのパンピザに似ていて美味しいとのこと

味は、「ペパロニ味」と、七面鳥がトッピングされた「ターキーペパロニ味」が用意されている

世界のアメリカだからこそ研究が進む

世界のあらゆる地域で戦い続ける米軍の生命線として、MREは改良に改良を加えて成長してきたと言っても過言ではない

MRE(Meal, Ready-to-Eat)は米軍の戦闘糧食(ミリメシ、またはレーションと呼ばれる)を指す

実際、パッケージには「戦士が推奨、戦士が試した、戦士が認めた」と大きくプリントされている

ありとあらゆる条件下で供給されているため、おいしさや栄養バランスには、相当な注意が払われている

世界各地の気候条件に耐えられるよう設計されており、重量および体積も出来るだけ小さくなるよう努力されている

多種多様な宗教や嗜好に対応するため、動物性や動物性副産物など最小限の乳製品を除いて含んでいない

長期遠征でも飽きないくらい味の種類も豊富。ベジタリアン用のメニューもあるとか

製品開発者たちは、常に兵士たちの希望を取り入れたり、実際に戦地に赴き、兵士たちと共に時間を費やしたりもしている

マズイって聞くけど実際どうなの?

ネタにされやすいレベルらしいけど…

ほとんどの場で「一番マズイ」と槍玉に挙げられるのが、米国の軍用食である

その不人気ぶりは、"MRE=Meal Rejected Etiopian!(エチオピアの難民でも食わねーよ!)"といわれるほどである

何気にスパムとかポーク玉子おにぎりとかゴーヤーチャンプルーとか…でも、米軍のミリメシはマズイマズイ言われているが、そこまで不味くないってのが僕の感想w

これが主菜と副菜。 手前がチリビーンズ、奥がメキシカンスタイルコーン。 今迄食べた中でもトップクラスの美味しさ、これ本当にMREなのか? 前者は言わずもがな、後者が意外とウマイ。 スパイスの効いた味付けと程よいコーンの甘さがグー。 pic.twitter.com/HmU2yOZ2Vh

本日の昼食は米軍のミリメシ、MREレーション。ベジタリアンメニューでメインミールはスパイシーペンネパスタ。全く期待せずに食べたら……あら意外、けっこう美味しいじゃない!但しレモンライムドリンクは口がひん曲がるほど酸っぱかった(笑)。 pic.twitter.com/5yzU4I37d8

米軍のミリメシへの関心は高く、試食会を開催する人もいる

普段食から非常食にと、日本でも活躍してた

お腹空いたから晩御飯はアメリカ軍の戦闘食「MRE」のメニューNo.22を食べるよ! pic.twitter.com/gJoBhBOF28

米軍のミリメシがヴィレッジヴァンガードで売っていたけど、やはりパッケージが笑顔だった。実にアメリカらしい感じ

ヴィレッジヴァンガードで買えるくらい浸透してたw

完全密封で長期保存も可能なので、災害時の食料としても使えそう

ネットでも簡単に購入できるみたいなので、試しに買ってみる?

1





ちぇりぃxxxさん

本を読むことや映画を観ることが好きです。
よろしくおねがいします。



  • 話題の動画をまとめよう