1. まとめトップ
  2. カラダ

林葉直子が末期を告白…悪化すれば死に至る「肝硬変」の危険性

元女流棋士でタレントの林葉直子さんが、「いつ死んでもしょうがない感じ」などとし「肝硬変」の末期であることをテレビで告白。林葉三も患う、アルコールなどが原因となり悪化すれば死に至る「肝硬変」の危険性についてまとめました。

更新日: 2014年02月21日

gogh555さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
62 お気に入り 424790 view
お気に入り追加

元女流棋士の林葉直子さんが「肝硬変」であることを告白

女流棋士として話題になった林葉さんが、「肝硬変」であることを告白

元女流棋士でタレントの林葉直子(46)が2014年2月21日、『ノンストップ!』の取材に応じ、重度の肝硬変であることを告白

林葉直子が2月22日発売の雑誌「婦人公論」で、重度の肝硬変を患っていることを告白

原因は大量の飲酒のよう

Photo by Jupiterimages / Pixland

アルコールが原因とする林葉さん

父親が残した借金で自己破産し、栄養の偏った食事が続いた時期と重なっているという

末期で死をも覚悟しているとする林葉さん

「ここまでなったらもうだめ。死んでもしようがないって感じかな」と死を迎える覚悟までできているように語る

林葉さんが患う「肝硬変」とは?

慢性の肝障害の進行によって、肝細胞が死滅・減少し線維組織によって置換された結果、肝臓が硬く変化し肝機能が著しく減衰した状態

肝細胞が壊れると、そこに線維が増えて、壊れた肝細胞と入れ替わり、肝臓が文字通り硬くなります。これが肝硬変といわれる状態

アルコールを含む多岐にわたる「肝硬変」 の原因

Photo by BananaStock / BananaStock

ウィルスやアルコールなど原因は多岐に

成因としては、日本ではC型慢性肝炎によるものが約65%で最も多く、その他にB型慢性肝炎、アルコール性肝障害、自己免疫性肝炎、非アルコール性脂肪性肝炎など

肝硬変の原因としては、(1)ウイルス性、(2)アルコール性、(3)自己免疫性、(4)薬剤・毒物性、(5)胆汁うっ滞性、(6)うっ血性、(7)栄養・代謝障害性、(8)感染症(寄生虫を含む)など、多岐にわたる

症状は?

Photo by David De Lossy / Digital Vision

初期には疲れやすいなどの症状

肝硬変の特徴的な症状には、肝細胞の機能低下による症状と、肝臓の血流障害にともなう症状

初期の頃は、カラダがだるい、疲れやすいなど。次に食欲不振、吐き気、カラダのむくみ、お腹が張るなどの症状

1 2





gogh555さん



  • 話題の動画をまとめよう