1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

都内最大の温泉スポット「大田区」460円で入れる温泉7選

毎日寒いですね。温泉の恋しい季節になりました。実は東京都大田区は都内最大の温泉地で、あちこちから「黒湯」といわれる源泉が湧いているんです。その温泉を利用した銭湯が街のあちこちにあり、460円で楽しめるってご存知でした?

更新日: 2015年03月05日

333 お気に入り 210728 view
お気に入り追加

田園調布が有名な大田区は温泉があちこちに湧いています

大田区などの臨海部周辺には、淡褐色や黒褐色の「黒湯(くろゆ)」と呼ばれる温泉が広く分布し、古くから銭湯等で利用されています。メタケイ酸や炭酸水素塩類(重曹)などを含む25度以下の温泉で大昔の海水を由来とする「化石水」であると言われています。湯あたりが良く毎日利用する人も多い温泉です。

「黒湯」の名の通り、真っ黒な温泉

【泉  質】ナトリウム炭酸水素塩・塩化物鉱泉
【効  能】神経痛、筋肉痛、五十肩、冷え性、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど

http://homepage2.nifty.com/kamata-onsen/

銭湯スタイルの温泉が多く、大人460円で楽しめる!

その多くは、温泉を利用した銭湯で外観・設備・料金なども一般の銭湯と変わらないものが殆どである。

◇蒲田の温泉といえばここ

大田区蒲田本町2-23-2
TEL:03-3732-1126(みなさんに いいふろ)
営業時間:10時〜25時
年中無休
JR京浜東北線蒲田駅から京浜急行バス羽田車庫行きで8分、蒲田本町下車すぐ

公式サイト
http://island-clinic.com/kamataonsen/

2Fは宴会場で、名物は「温泉釜めし」
(宴会場は水曜日休み)

浴室は縦に長く、白タイルなので明るく清潔に感じる。浴室の奥の左右に黒湯の温泉浴槽と真湯の浴槽がある。2つに仕切られていて、奥が熱い。かけ湯もそこそこに、さっそく温泉浴槽に浸かる。ぬる湯の方はちょうど適温。真っ黒なお湯は透明度5cmほど。ぬるぬるスベスベするお湯だ。

◇8つのお湯とマッサージルーム

大田区蒲田1-26-16
TEL 03-5711-1126
営業時間 浴場 朝11時より深夜0時
ホール 朝11時半より夜10時半
定休日 毎週火曜日    

JR蒲田駅東口より徒歩5分
※カラオケ、マッサージなどもあり
公式サイト http://www4.ocn.ne.jp/~youcity/

露天風呂(黒湯)
サウナ
水風呂
ジャグジー
座風呂
電気風呂
バイブラ風呂
打たせ湯

地下120メートルから直接汲み上げているという黒湯にさっそく入ってみると、黒というより濃い褐色で、まるでコカコーラのような色です。タオルがみるみるうちに褐色に染まっていきます。全身で湯に浸かるとすぐにポカポカしてきて、本当にいい気分です。都内にこんなモール泉があるなんて意外な感じがしました。

◇昭和30年代から50年湧き続ける天然温泉

大田区池上 3-31-16
TEL:03−3751-0119
営業時間:10時〜24時
火曜日定休
東急池上線 池上駅徒歩3分

泉質は、美容と健康に効果的な黒湯のアルカリ泉。リウマチや神経痛のほか、美容にも効能あり。涼み場あり、スチームサウナも完備する。宴会場もある。

http://www.mapple.net/spots/G01300416502.htm

浴場に入ると広い脱衣所があり、ガラス戸の向こうにパズルを並べたような浴槽が4つほどありました。手前2つの浴槽は白湯で塩素臭が思いっきりするお風呂で、奥にある2つが温泉で、すこぶる真っ黒な、まるでコーヒーのようにも見えるお風呂なのです。その黒湯と言われる温泉は、浸かってみると濁った感じはなく、きれいな黒色水という風合いなんです。また匂いは無く、スベスベする肌触りのお湯ですね。

◇月を見ながら温泉を楽しめる展望風呂

出典ameblo.jp

大田区池上6-35-5
TEL 03-3754-2637
営業時間12:00 ~ 25:00(平日)
10:00 ~ 25:00(土、日、祝)
定休日不定休
東急池上線 池上駅 より徒歩 6分

この日は男性が壱の湯で女性が弐の湯。桜館sanは2つがそれぞれ違う趣なので、月の前半と後半で男女の浴場を交換しています。色々楽しめるのは壱の湯なんだけど、桜が咲く季節には、天井が抜いてあってそこから桜の木が見える弐の湯が断然おすすめです。

http://ameblo.jp/kimimatsu/entry-10707486603.html

黒湯の露天風呂。浴槽が結構デカい。大きな石塊から段々にお湯が落ちてくるようになっている。透明度は殆ど無し。これは大田区でもトップクラスの黒さ。黒湯にしては珍しく温度が低めなので、のんびり入っていられる。

◇東京23区最南端の銭湯

大田区仲六郷4-19-2
TEL 03-3731-0024
営業時間 10:00 ~ 22:50
定休日 月曜、第4月火連休(祝日は翌日休)
京浜急行線 六郷土手駅 より徒歩1分

浴室には浴槽が5つ並んでいる。奥から、黒湯のぬる湯、黒湯の熱湯、真湯、真湯ジャクジー、黒湯源泉の順だ。 黒湯の色はけっこう濃い。コーヒー色だ。透明度は30cmほど。肌触りはスベスベしていてなかなかよい。香りはほとんどない。

http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/rokugo/rokugo.htm

◇毎朝6時からの朝風呂と天然温泉が評判

大田区西糀谷1-25-15
TEL 03-3741-4321
営業時間06:00 ~ 11:00 14:00 ~ 23:00
定休日 月曜日
京浜急行空港線 糀谷駅 より徒歩 5分

実はここは水風呂が真骨頂という話だ。しかし私はどうしても冷たいのがダメで、この時も手だけぽちゃんと入れて退散してしまった。水風呂がお好きな方はぜひ。沸かした温泉よりも冷たいままの温泉の方が良さが引き立っているそうだ。

http://spa.s5.xrea.com/broom/tokyo/sachinoyuf.htm

1 2





マシュマロたいむさん

甘くてふわふわしたまとめをお届けします。



  • 話題の動画をまとめよう