1. まとめトップ
  2. カラダ

女優も実践中!【白湯ダイエット】で無理なく痩せるワケ

体が冷えるこの季節。ダイエットだけでなく、冷え対策も気になるところですよね。女優も実践しているというお手軽な「白湯ダイエット」。白湯を飲むだけでやせる理由と実践方法をまとめました。

更新日: 2014年02月22日

malmalteseさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5038 お気に入り 799648 view
お気に入り追加

●白湯ダイエットとは?

白湯(さゆ)は、飲むことを目的とし、湯をぬるく冷ました物。湯冷まし(ゆざまし)とも呼ばれる。

その名の通り白湯を飲むだけで痩せやすい体質に導く方法。

ダイエットをしたいけれど、時間もお金もかけたくない。「白湯ダイエット」はそんな方にはとくにおすすめです。

そんなお手軽なダイエットで本当に痩せられるの?
具体的な実践方法と効果をまとめました。

●白湯ダイエットの実践方法

水の種類で効果が著しく変わることはないので、普段から飲み慣れている水を使ってOK

温度は50℃ぐらいが最適。

これが最もダイエット効果がでる温度。

起床してすぐと朝昼夜の食事中など、1日に3回から4回にわけて飲みましょう。

飲む分量は1日に800mlが目安。

白湯は体への水分吸収率がよいので、飲み過ぎるとむくんだり、体に必要な栄養素までが流されてしまうこともあるので分量を守ってください。
また、人間の体が1日に必要とする水分量は1.5~2リットルなので、白湯800ml以外の残りは好きなものを飲んでOK。

むくみや冷えを強く感じるときは「しょうが入り白湯」が◎。

しょうがの有効成分ジンゲロールには、冷え性の改善、風邪予防、抗肥満作用があります。

●気になる効果は?

朝起きてすぐ飲む白湯は、水分を補うだけでなく、血液をサラサラにする効果があります。昼食や夕食の前に飲むと胃腸の働きが良くなって、便秘の予防や、冷え性改善、ダイエット効果も期待されます。

白湯を飲むと全身の血のめぐりがよくなり、内臓の動きも活発に。内臓の温度が上がると基礎代謝がアップ。

内臓温度が1℃上がると基礎代謝も約10~12%上がるので、痩せやすい体になるのです。

白湯を飲むと、血液やリンパの流れがよくなり、体内で滞っていた余分な水分を尿として排出してくれます。

尿量の増加とともに体重も減少。便秘やむくみ解消にも効果が期待できます。

●実践している人の評価は?

白湯ダイエットは深田恭子さんや宇多田ヒカルさん、江角マキコさんなども効果があると実践していたダイエット法。

特に効果があった深田恭子さんや中西モナさんは5kgの減量に成功したそうです。

お腹から温まると体の動きが楽になる気がします。朝食の準備も億劫ではなくなりました。

白湯を飲むだけで、ダイエット?と疑っていましたが、実際にやってみたらおなかがすっきりしてきました。

1







  • 話題の動画をまとめよう