1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

専用枕で戦うガチ競技「まくら投げ大会」が楽しそう

誰もが通る道のひとつ、まくら投げ。大人になるとなかなかする機会はないけど、なんとちゃんとした大会があるらしい!しかも専用枕まであるとか。みたら参加したくなっちゃうかも

更新日: 2014年02月28日

ikelongonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
168 お気に入り 46895 view
お気に入り追加

体育館で布団に浴衣。何が行われてるの?

体育館に布団を敷いて…合宿かなんか?

浴衣にゼッケン、ハチマキという不思議な格好で気合を入れて…

枕を投げたー!!!

すっかりくつろいでいる人もw

おふざけじゃなくちゃんとした大会だった

全日本まくら投げ大会参加中。なんと、予選リーグ1位通過しました( ̄Д ̄)ノ pic.twitter.com/puUF46tBwx

全日本まくら投げ大会!◉東大も学連選抜もいるし、キッズチームも! pic.twitter.com/iPmfxF33MN

へえー東大も参加してるんだ

初めての日本一! まくら投げ大会最高だった! 大将緊張した!笑 pic.twitter.com/q8CSviP2lc

おめでとうございます

2月23日、静岡県の伊東市民体育センターで、まくら投げを競技化した「全日本まくら投げ大会」が行われた

今回で2回目の開催。「大学対抗の部」「一般の部」「子供の部」の3部門で実施される

「まくら投げ日本一」の称号を目指して、思い切りまくらを投げ合う。みんなもちろんガチ!

誰もが修学旅行などで経験したことのある「まくら投げ」を日本で初めて競技化

地元の高校生が考案したのが基のアイデアだそう

選手がズラリと並んだ様子で本格さがわかる

大学対抗の部では、東京・早稲田・慶應・明治・法政・日本大学チームが参加し、甲子園さながらの激戦が繰り広げられる

修学旅行さながらの公式ルールが面白い

基本、1チーム8人編成で行われる。選手はすべて浴衣を着用

要領はドッチボールと同じ。ただ違うのは相手から投げられたまくらを取ってはいけない点

先に敵の大将にまくらを当てるか、3分の試合時間終了時に多く残っている方の勝ち

白熱した戦い。緊張感が伝わる

飛んできたまくらは「掛けふとん」を盾にして防ぐ。ただし、両手で防ぐのがルール

片手で防いだ場合は、体にまくらが当たっていなくても、ヒットという判定になるそう

「先生がきたぞ~」コールをされるとチームは全員「寝たふり」をしなくてはいけない

まさに修学旅行w コールは1セットに1回だけの貴重なワザ。コールをした大将は敵陣に落ちている枕を回収することができ、このあいだに体制を立て直すことができるんだとか

まくら投げ専用の枕もあった

デザインにもちゃんと深い意味が込められている

枕投げのために開発されたもので、遠くまで投げやすく、枕が当たっても痛みを感じづらいように設計されている

適度な重みと柔軟性がある素材が使われている

大会で競技用のまくらとして提供されているが、もちろん普段使いの枕として使用してもOK

1





ikelongonさん



  • 話題の動画をまとめよう