1. まとめトップ

【女子必見】未婚率まとめ~統計で見るあなたの結婚できる確率~【婚活】

国勢調査の配偶関係(女性)を分析しました。年齢別の未婚率、5年結婚率、10年結婚率がわかります。他のサイトとかでは年齢が5歳区切りとなっていて詳細にはわからなかったのですが、下記表では一発でご自身の年齢に対応するものがわかります。

更新日: 2016年04月26日

kame0314さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
57 お気に入り 459471 view
お気に入り追加

国勢調査を分析しました。(平成27年度の国勢調査の結果が出次第更新します!)

平成12年、17年、22年の国勢調査(表8-1世帯の種類(2区分)・世帯人員(2区分),配偶関係(4区分),年齢(各歳),男女別世帯人員(総数及び世帯主)-全国※,全国市部,全国郡部 )の配偶関係(女性)を分析しました。
その結果、未婚率(青色)をexcelで計算し、見やすいように下記の表にしました。
見方としては、ご自身の年齢(左端赤色)部分を見て頂いて、5年結婚率(黄色)、10年結婚率(緑色)がわかります。
例:30歳の方なら、全国で未婚の30歳は平成22年の調査で41.47%、前回調査時に30歳の未婚者(平成22年では35歳になっている)が5年間でどのくらい結婚できたかというのが5年結婚率です(10年結婚率も同様)。
2016年の4月からのTBSドラマ「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」で5年後結婚率が紹介されていました!
主人公は39歳で、5年後結婚率は2%とテロップで表示されており、まさに下表の数字と一致していたので、このまとめを参考にしたのかも?!

年齢に対応した全国の何歳の方がどの程度未婚なのかという未婚率を計算しました。
また、5年前の調査からどの程度未婚率が減っているのかを分析し、(前回未婚率-今回未婚率)÷前回未婚率で5年後結婚率を計算しています(10年後結婚率も同様)。

5年後結婚率等がマイナスなのは、統計上の誤差(アンケートの記入無記入、既婚者の死亡による未婚者比率の上昇等)が考えられます。
また、今回は率と率で計算しているので、単純に(前回未婚者数-今回未婚者数)÷前回未婚者数で計算してもよいでしょう。概ね左表と似たような結果となります。

分析結果①30歳が5年後に結婚しているのは3人に1人!!

30歳の方には衝撃的でしょうが、数十万人が協力している統計はかなりの信頼性をもっています。現実を受け止めて、婚活に励みましょう。

分析結果②30歳の約半分が10年後も未婚のまま!!

平成22年の調査時点で40歳の方のデータによると、30歳で独身だった人の約半数が10年経った40歳になっても未婚のままだという結果が読み取れます。

分析結果③35歳を過ぎると極端に5年、10年結婚率が下がる!!

30歳から5年結婚率は目に見えて下がっていきますが、35歳を境目に約10%程度まで落ちてしまいます。「35歳までに結婚できればいいや♪」なんて言ってる場合ではないでしょう。

分析結果④40歳を過ぎればその後5年間で結婚できる人は1%!!

40歳以降の欄ではマイナスの値が出ていることからも実感できるように、既婚者の死亡数等の兼ね合いから未婚者が増えているという結果になっており、(前回調査未婚者数―今回調査未婚者数)÷前回調査未婚者数で計算すると概ね1%程度となっています。皆さんも40歳までには絶対に結婚しましょう。

分析結果⑤女性の意識改善により未婚率は下がっている。

近年作り出された言葉「婚活」の影響もあってか、平成22年調査で30歳までの未婚率は前回と比べて下がっています。これは女性の意識が改善されたのでしょう。今後も「30歳までに結婚」ではなくて「30歳になったら結婚できない」ぐらいの意識を持った方がいいのかもしれません。

分析結果⑥50歳の10人に1人は未婚という現実。

この50歳の方々の中には結婚したくないと思っている人もいると思います。
そう、結婚が全てではありません。
しかし、おっせかいだとは思いますが、この方々の老後が心配です。

今後の更新予定:平成27年度の国勢調査の結果が出次第更新します!

平成27年にも国勢調査がございました。
その結果が公表され次第、上表も更新しますね。
さぁ、未婚率は上がっているのか、5年後結婚率は上がっているのか、楽しみですね。

その他未婚率に関するグラフ

1





kame0314さん

頑張ってまとめますので宜しくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう