1. まとめトップ
  2. カラダ

朝起きれない人へ!早起きする7つのコツ

早起きするコツをまとめてみました。

更新日: 2014年05月19日

hiepitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
511 お気に入り 64479 view
お気に入り追加

「早起きは三文の得」といいますが、早起きするのは難しいことですよね。

爽やかな朝だー!たまに朝早くから活動すると「朝はいーなー」と思うのだけど!、、、なかなか起きれない。。。

早起きするコツまとめ

ネロリの香りは、慢性的な「不安」に良いといわれます。ネロリはイタリアで古くから使われており、研究者達が抑うつを感じる人に対して使用しています。さらに、緊張を和らげ、催眠効果をもたらすともいわれます。不眠気味の人にオススメです。

参考 http://allabout.co.jp/gm/gc/7614/

アロマには、いろいろな効果が期待できるのですが、実は、早寝にもいいと思うアロマオイルがいくつかある

アロマテラピーには、【生体リズムを整える働き】があるんですよ。

「ネロリ」は、イタリアやフランスではメジャーな香り。

ミカン科の植物で、オレンジの花の香りがします。

リラックス、安眠、肌の弾力を取り戻す、といった様々な効能がありますよ。

牛乳には、睡眠ホルモン「メラトニン」の原料「トリプトファン」が豊富に含まれています。

「メラトニン」とは?
体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があり、「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

朝がきても布団からでられない人は、「牛乳」不足なのかもしれません。

「牛乳」が苦手な人は、チーズやヨーグルトといった乳製品を積極的に食べましょう。

「セロトニン」とは?

人間の精神面に大きな影響与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、『幸せホルモン』とも呼ばれます。
セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症などの精神疾患に陥りやすいと言われています。

日光(別に日光でなくても明るい光なら電灯などでもOK)を浴びることでセロトニンと呼ばれる脳内物質が分泌され、脳が活動に適した状態になり、寝覚めが良くなります。

公園のベンチやベランダに椅子を置き「プチ日光浴」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スマホに「ブルーライトカット」の保護フィルムを貼る

スマホの「ブルーライト」は、早起きを妨げる最大の原因。脳や目を刺激するので、安眠できなくなります。

なかなか寝付けず、眠りの質も悪くなり、朝もスッキリ起きられない……と、たちまち睡眠リズムが狂ってしまいます。

カーテンを開けて寝ることで、目覚める時間帯には光の影響で眠りが浅くなり、目覚まし時計の効果を強めることができます。

また、朝の光を浴びることで、気持ち良く起きることができるはずです。

朝どうしても頭がぼんやりしたり、うとうとする人はFRISKの刺激に助けてもらいましょう。

シャワーは短時間で少し熱めを意識することが効果的に浴びる秘訣になります。

温度は40~41℃で少し熱いと感じるぐらいで、お湯の勢いは強くすることで身体に刺激を与えるようにします。

ポイントは少し熱く短時間で浴びることなのでゆっくり時間をかけることは避けましょう。

1





まとめについて勉強中です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう