1. まとめトップ

【逆効果!?】正解率30%!?マスクの正しい付け方とは?【花粉】

花粉、インフルエンザ、大気汚染…大流行の使い捨てマスク。実に7割の人が間違っていたマスクの使い方…。正しく使って効果的な予防を。マスクの正しい使い方をまとめました!

更新日: 2015年01月26日

71 お気に入り 651718 view
お気に入り追加

◆ 風邪に花粉にインフルエンザ、だてマスクまで…マスクが大流行!

◆ しかし、使用者の10人に7人は着用方法を間違えていた!?

とりあえず口と鼻を覆っていればOK?

いえいえ、マスクには正しい付け方があるんです!

エーザイ株式会社の調査では、残念なことに、調査対象となった方の73%がマスクを正しく使用できていないことが明らかになったそうです。

すっごいマスクの付け方の人がいた!鼻だけにつけてた(๑°⌓°๑)二度見しましたよ、思わず(笑)

な、んか、夢の中でマスクの付け方を注意される夢を見たような…(ρω*)

マスクをちゃんと鼻まで覆ってなかったり、蛇腹のとこ伸ばしてなかったりの付け方してる人見てたら正したくなってくる

付けているようで、実はマスクを無駄にしているだけかも…。

◆ マスクを無駄にしない、正しい付け方とは?

マスクにも、表裏・上下があるのご存知でしたか??

◆ マスクの「 表裏・上下 」を正しく着用しよう!

① 表 裏(表が外側、裏が口側とした場合)

◆マスクの折り目(プリーツ)が下向きに来るのが表です。
逆に付けると、折り目に花粉やほこりが溜まり、逆効果になるので注意!

◆メーカーによって差はありますが、多くの場合、ゴムの接着面が外側にくるように付けるが正しいそうです。チクチクしないし一石二鳥かも。

② 上 下

◆鼻まわり用の針がねが付いているほうが「上」です!

◆表裏の場合と同じく、マスクの折り目(プリーツ)が下を向くように付けましょう。

◆ 最重要ポイントは「 フィット感 」にあり!

針がね(ワイヤー)を鼻の形に合わせて曲げます。
隙間が無いように注意しましょう!

折り目(プリーツ)を広げ、必ずアゴまで隠します。
※ただし、広げすぎは禁物。ほほまわりに隙間ができない程度に!

アゴまで入らない場合は、無理せずサイズ変更を。

最後に、すき間が無いか要チェック!

鼻まわり・アゴまわり・ほほまわりが、ポッカリ開いてしまっていないか確認しましょう!

※ 使用中、マスクの外側に触れないように注意しましょう。

◆ プロ直伝…3分であなたも「マスクマスター!」

◆ 知ってました? マスクを「はずす時」に気をつけたい3つのこと!

① 最後まで徹底して、菌に触れないように注意しましょう!

1 2





はんじろうさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう