1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

脱“受売り人間”!!自分の意見を持つ為のクリティカルシンキング!!

あなたは自分の考え、意見をしっかり持てていますか?情報過多な昨今、情報を鵜呑みにして、そのまま友人、知人に話していませんか?受売り話を聞くほど退屈な事はありません。聞きたいのはあなたの考えです。あなただけの考えが持てる方法「クリティカルシンキング」についてまとめました。

更新日: 2014年02月28日

E_numaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1201 お気に入り 76303 view
お気に入り追加

クリティカルシンキングって何?

「クリティカル」(critical)という言葉の意味は、そもそも「懐疑的な」「批判的な」ということです。

したがって、クリティカル・シンキングをそのまま訳すと「批判的な思考」となります。

クリティカル・シンキングとは、あらゆる情報に対して批判的な思考を働かせて分析する習慣のことを指します。

結論を支える根拠に対して、「本当にそうなのだろうか?」と疑問を投げかけ、最終的には自分の頭で判断する習慣のことをいいます。

情報や他人の結論を「ただ否定する」だけの発言を指すものではないです!

論理思考力(コミュニケーション力・問題解決力)を強化するための、論理構造を作る各思考技術

なんでクリティカルシンキングが大事なの?

不確定要素がますます増えるこれからの時代、じっくりと考えて自分で答えを見出す力は、大人だけでなく、子どもにとっても必須の力となっていきます。

子供のときからこういった考え方を身につけておくと良いです。

重要な情報を取り込んで、それを活用して自分自身の判断や意見を形成することです。

実際には、誰かから聞いたことを自分の意見のように吹聴している人も多いですよね。でも、クリティカルシンキングは、訓練すればうまくできるようになります。

どこかの誰かが設定したわけではないオリジナルの疑問を持つことができれば、それがそのままオリジナルの発想へと繋がっていく。

情報が増えてくると、自然と考えなくなってしまう傾向が生まれてきます。

情報を情報のまま吸収しないで、自分でその情報を批判的に考えて吸収する様にしましょう。
そうしないと、あなた自身のオリジナリティが消えてしまう。

クリティカルシンキングが独創的な自分の意見を作り出す!

「携帯にはボタンがあって当然」という思い込みを無くした結果、画面の中にボタンを含めるというデザインが生まれました。それが現在のスマートフォンなのです。

自分が常識と思うことを根本から疑う事で、新しいブレイクスルーが生まれます。

Aに決まってる」「Aが絶対正しい」と考えてしまうこと、ありませんか?「非A」という考え方を持ち出すことで、視野を広げることが大切ですね。

そして面白いのは、結果的に「A」でも「非A」でもない、より良い考え「B」が生まれるということです。

自分の考えを批判的に見ることで、思考のクセから抜け出すことができる。今までとは違った目線で、新しいアイディアが出せるようになる。

人の考え方というのは、何も意識していないとすぐに凝り固まってしまいます。そんな時に有効なのがクリティカルシンキング。

「教科書的」ではない個別解に昇華できるまで、ロジカルに考え抜くことによって、はじめて考えたと言うことができます。

クリエイティブ=オリジナリティーだとするなら、「私(自社)」にとっての個別解に近くになるまで考え抜きましょう。

クリティカルシンキングの具体的な方法!

①問題を明確にする

何かを考える際に、「何のために考えるのか」を明確にすることです。

往々にして枝葉末節の議論や、必要以上にテクニカルな議論に走りがち。そもそも何のための議論なのか?何を実現したいのかに疑問を持ってしっかり押さえておくことが必要です。

論理的、批判的に考えるにはどうするか?そのポイントは「そもそも」を徹底的に突き詰めること。そもそもの目的はなんだったのか?

②問題に関する事を洗い出す!

イシューに関する解決策、問題の構成要素、事実、データなどを、先ずは拡散的に洗い出す事

問題の原因は一つに限らず、他の原因はないか?複数の原因によるものなのか?を突き詰めます。

③なぜ?なぜ?なぜ?と批判的に疑問を投げかける?

自分の中で、いろいろな人の立場を借りて、セルフディベートすることによって、自分の論理を異なった切り口で捉えることができ、今まで考えられなかった仮説を思いついたり、論理の補強ができる。

問題の原因をどんどん深掘りしていくと、具体的にすべきアクションがイメージできてきます。

④問題解決の手段を導きだす!

やるべきことを考えるときに「誰が」「いつ」「何を」「どこで」「なぜ」「どのように」やるのかという項目を先に明確にしておく。

これは皆さんご存じの「5W1H」ですが、これをすることで漏れなく具体的に考えることができます。

1 2





E_numaさん

仕事や人生をよりよくする方法を書いていきたいと思います。
七転び二起きでがんばります!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう