1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

とうとうあの季節がやってきた・・・

2014年春のスギ・ヒノキ花粉飛散総数は、2013年6~8月の気象条件と9月下旬のスギ雄花の花芽調査から、九州の一部地域を除き2013年を下回り、全国的に平年(過去10年平均)の35%(北陸)~119%(九州)と予測しています。

2013年よりはましらしい。

また、過去10年平均の飛散量は、10年前と比較して約2.4倍(船橋市)になっており、近年の花粉飛散量自体が増加傾向です。

でも、10年前と比べると2.4倍・・・

そんな中、こんなニュースが!

バルミューダは、空気清浄機「AirEngine」のユーザーの7割が「花粉症の症状が軽減した」と回答していることを発表した。

えっ!?7割の人に効果があった!?

ホコリが減った : 72.7%
花粉症が軽減した : 71.4%
においが取れた : 92.8%

同社の空気清浄機AirEngine及び、旧モデル「JetClean」のユーザーを対象としたアンケートによると、花粉症を発症しているユーザーの71.4%が「花粉症の症状が軽減した」と回答。高い花粉除去性能を実感しているという。

超強力な空気清浄機らしい

JetCleanとかAirEngineとかどんな空気清浄機なんだ?

今回発表のJetCleanでは、空気清浄機ではマイナスイオン技術を使っていない。
寺尾社長によれば今回の発表までには、この製品でマイナスイオン技術をしようするまでには効果が確認できなかったという。

確かに、マイナスイオンの効果には疑問を投げかける人も多いですよね

そのかわりにフィルターにこだわっている。たとえ、マイナスイオン技術を使って集塵しても最後にどうやってダストを取るのかというえば、やはりフィルターである。ということで徹底的にフィルターにこだわったのだ。

6畳なら15分で除去できるらしい。すげー!

他の空気清浄機と何が違うの???

花粉粒子はホコリのように重さがあるため、一般的な空気清浄機はパワー不足で吸い取り切れない花粉が多く出ていました。

えっ!?花粉って重いんだ

花粉は粒子が大きく、重いという性質があり、部屋の中に入ると1分足らずで床に落ちてしまうから、強力な力で素早く空気を循環させなければ、花粉を除去することはできないのだ。

ということは、空気中よりも床のほうが花粉が多い?

これらのウィークポイントをクリアにする為、「JetClean」には「吸引用」と「送風用」、2つのファンが搭載されている。

これがパワーの秘密!

「AirEngine」に採用されている360°酵素フィルターは、特殊技術によって溶菌酵素をコーティング。吸引されてフィルター表面に接触したウイルス、カビを不活化させることで、強力な除菌性能を発揮する(※すべての物質を100%溶菌・分解し、不活化させるわけではない)。

フィルターもすごいんだ!しかも酵素!なんだかすごそう!

そういえばバルミューダって・・・

バルミューダといえばこれ!

14枚の羽根で風を遠くまで送る

空気が自然界の風と同じように「面で移動する風」に変わります。これが、体全体を包み込む、やさしい風の秘密。従来の扇風機より圧倒的に広い範囲に風を送ります。

空気を操ることに関して右に出るものはいない!

こんな口コミも

2歳の娘のしつこいアレルギー性鼻炎が治りました!

すげー!

アレルギー持ちの私の感想は、掃除も大事!! 掃除機をかける時に舞い散る埃をJetCleanが吸い取ってくれたら、喘息・アレルギーがかなりおさまった(笑)です。

1 2







  • 話題の動画をまとめよう