1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

勘違いしてない?失敗しないバイキングの基本マナー

何種類もある料理の中から好きなだけ食べられるバイキング料理(ビュッフェ)。そのバイキング形式にもマナーがあります。楽しく、おいしく、そしてスマートに振る舞うにはどのようなことに気をつけるべきでしょうか?

更新日: 2014年03月05日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
307 お気に入り 407936 view
お気に入り追加

●バイキングは日本の呼び名?

何種類も並べられた料理から、好きなものを好きなだけ食べられるバイキング料理。食べ放題やビュッフェとも言われます。

実はこうした食事形式を「バイキング」と呼ぶのは日本だけなんです。

・バイキングと名付けたのは帝国ホテル?

1958年に日本で始めてビュッフェスタイルのレストランがオープンしました。そのホテルの名は帝国ホテル。

日本では老舗のホテルですね。そのとき、このレストランの名前を「バイキング」と名づけたのです。

・バイキングとは?

スカンジナビア諸国の伝統的な食卓形式で、8世紀から11世紀にかけて北欧に活躍した海賊(バイキング)の名を取ったものである

各家の自慢料理を持ち寄って宴会を開いたのが始まりだといわれている。

●バイキング(ビュッフェ)の種類

バイキングのスタイルは、大きく2つに分けることができます。

たいていの場合バイキングは、自分で料理を取って食べるセルフスタイルをとります。

それとは別にお客は座ったままで、スタッフがテーブルまでオーダーを取りに来てくれる、テーブルバイキングもあります。

●バイキング(ビュッフェ)のマナー

1.時計回りに進む

ブッフェ台は右から左(時計回り)に進み、逆の方向へ回って列を乱さないようにしましょう。

2.コース料理と同様の順番で取る

右回りに進むとオードブル⇒スープ⇒メインディッシュ⇒デザートへ進めるようになっている事が多いので、流れに沿って進みましょう。

・食べる時も同様

いきなりメインに飛びつくのはいけません。コース順に前菜からいただきましょう。

3.盛り付ける量

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう