1. まとめトップ
  2. カラダ

知らなかった・・・いつまでたっても疲れがとれない意外な原因

うつっぽい感じがあるわけでもなく、特別な理由がないのに、なんとなくやる気が出ない・・・そんな時ってありませんか?病院に行っても、改善されない場合も多いですよね。疲れがとれないのは、日常の意外なことが原因かも知れません。心当たりはありませんか?

更新日: 2016年03月08日

蒼雲さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1205 お気に入り 2609292 view
お気に入り追加

最近、疲れがとれない・・・

…いかん。眠ってたか。ここんとこいくら眠っても疲れがとれないな…

特に理由はないのに、やる気が出ないってこと、ありませんか?

うつっぽい感じがあるわけでもなく、特別な理由がないのに、なんとなくやる気が出ない・・・そんな時ってありませんか?
病院に行っても、改善されない場合も多いですよね。

どうしてもやる気が出ない、やる気が起きない。そんなときがあります。

嫌な事や悲しい事など、特にこれといった理由がないにも関わらず、何をするにも面倒臭くて、力がでない

それは、日常の意外なことが原因なのかも!

▼①運動不足

体を動かさないと、筋肉が衰えて来るので脂肪を燃焼することが出来ません。
そのため、太りやすくもなり、少しでも動くと疲れてしまいます。
ストレッチ、ヨガ、軽い散歩など、自分の出来る範囲の運動で良いので、毎日行う習慣をつけましょう。

全身持久力、筋持久力、筋力、パワー・バランス等のあらゆる体力要素の低下

便秘になったり、肌が荒れたり、肩こり、腰痛、頭が回らないなどの要因となっている

運動をしていないと、少しエネルギーを使っただけで疲れやすくなります。エクササイズの習慣を重ねると、エンドルフィンが放出され、筋肉が作られます。その結果、疲労感をすぐに感じる事はなくなります。

▼②睡眠不足

仕事から帰ってからの時間はあっと言う間で、好きなことをしていると、気付けば深夜になっていたりしますよね。
ですが、夜更かしはやめて、少し長めに睡眠を取ったり、昼寝を取り入れるだけでも、疲労感は軽減されます。

寝不足の状態を続けていると、心身に疲労が蓄積され、あなたの日常生活に悪影響を与える様々な症状が出てきます。

睡眠はエネルギーを作り出す基礎です。夜に睡眠をきちんととらないと、身体は回復されません。

どうして人は眠るのか、そのいちばんの理由は脳や体の疲れをとるため。その言葉通り、通常は、一晩ぐっすり眠れば疲れは軽減します。

▼③コーヒーの飲み過ぎ

コーヒーに含まれるカフェインを摂ると興奮・覚醒するのは副腎のホルモン「コルチゾール」と「アドレナリン」が分泌されます。
カフェイン中毒と言う言葉もあるように、飲み過ぎには注意しましょう。

コルチゾールは、体内の様々な部位を刺激することで、過剰にエネルギーを使ってしまう作用があります。

朝・昼・夕食後に1杯と、仕事中にコーヒーブレイクで1杯程度にしておく

▼④ジャンクフードの摂り過ぎ

ジャンクフードは味付けが濃く、塩分も高め。
栄養もほぼありませんので、摂り過ぎは危険です。

身体を疲れさせる食材です。ジャンクフードに含まれる大量の炭水化物は、消化をするのに多くのエネルギーを使います。

ジャンクフードはどうしても食べたいときに心を満たすために少量だけ楽しみ、ほどほどに控えること。

1 2





蒼雲さん



  • 話題の動画をまとめよう